F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

3台がQ3に進出のホンダF1。田辺TD「4台とも順位を上げられるよう準備する」

シェア
コメント
3台がQ3に進出のホンダF1。田辺TD「4台とも順位を上げられるよう準備する」
2019/11/03 9:39

4台中3台がQ3に進出するなど、F1アメリカGPの予選で速さを見せた、ホンダ製パワーユニットを搭載するレッドブルとトロロッソ。ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、さらに順位を上げるべく、決勝に向けた準備を進めると語った。

 ホンダのパワーユニットを搭載するレッドブルとトロロッソの計4台は、アメリカGPの予選で好調な走りを見せた。

 ポールポジションから0.067秒差で3番手となったレッドブルのマックス・フェルスタッペンを筆頭に、3台がQ3に進出。トロロッソのダニール・クビアトは13番手だったものの、Q2最後のアタックを抹消される前には11番手……いずれも入賞が十分可能なペースを見せた。

「今日の予選では、フェルスタッペン、アルボン、ガスリーの3選手がQ3に進出し、3番手、6番手、10番手と前向きな結果になりました。クビアト選手も13番手とポイントが獲得できるポジションにいます」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、プレスリリースにそうコメントを寄せた。ただ、Q1ではトップから17位までが約1秒差になるなど、今回は特に僅差の戦いとなっている。

「予選結果を見ると各チームのパフォーマンス差が非常に僅差で、我々の両チームのマシンも速さを見せられています。このサーキットではレースでのオーバーテイクが可能ですので、明日は4台ともにポジションを上げてフィニッシュできるよう、準備を進めます」

Read Also:

次の記事
0.012秒差でポール逃したベッテル「1回目のアタックで守りに入りすぎた……」

前の記事

0.012秒差でポール逃したベッテル「1回目のアタックで守りに入りすぎた……」

次の記事

技術指令の影響か? ハミルトン「フェラーリは明らかにパワーを失った」

技術指令の影響か? ハミルトン「フェラーリは明らかにパワーを失った」
コメントを読み込む