F1バーレーン速報:ルクレール、悲運のトラブルで勝利を逃す。メルセデス1-2

シェア
コメント
F1バーレーン速報:ルクレール、悲運のトラブルで勝利を逃す。メルセデス1-2
2019/03/31 16:49

F1バーレーンGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季初優勝を遂げた。フェラーリのルクレールは悲運のトラブルで、勝利を逃した。

 F1バーレーンGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季初優勝を遂げた。

 今回のレースを支配したのは、フェラーリのシャルル・ルクレールだった。しかしレース終盤、ルクレールのマシンにまさかのエンジントラブルが発生。一気にペースが落ち、10秒のリードがみるみるうちに失われてしまい、2番手を走っていたハミルトンが奪首。そのままトップでチェッカーを受けた。

 2位にはハミルトンのチームメイトであるボッタスが入り、メルセデスが開幕2戦連続で1-2フィニッシュを果たした。

 ルクレールはペースを落として走り、マシンをなんとかチェッカーまで持ち帰り、最後セーフティカーにも助けられて3位を確保した。

 ルクレールのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルは、ハミルトンとポジションを争っていた際にスピン! その直後にフロントウイングが脱落してしまったことで追加のピットストップを行い、5番手まで復帰するのが精一杯だった。

 レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンが4位、ピエール・ガスリーは終始ペースに苦しんだが、8位に入りポイントを獲得。トロロッソ・ホンダ勢はアレクサンダー・アルボンが9位、ダニール・クビアトが12位となった。

→【リザルト】2019年F1第2戦バーレーンGP決勝結果

次の記事
motorsport.com編集長日記:「人事異動とサーキット運営」

前の記事

motorsport.com編集長日記:「人事異動とサーキット運営」

次の記事

”悲劇のヒーロー”ルクレール「すごく不運な中、幸運だった」

”悲劇のヒーロー”ルクレール「すごく不運な中、幸運だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
サブイベント Race
まずは最新ニュースを読む