F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

F1テスト前半日程終了。メルセデス速さ見せる。レッドブル・ホンダはロングラン中心

シェア
コメント
F1テスト前半日程終了。メルセデス速さ見せる。レッドブル・ホンダはロングラン中心
執筆:
2020/02/21 17:16

F1プレシーズンテストの前半最終日の全ての走行が終了。ディフェンディングチャンピオンのメルセデス勢が速さを見せた。レッドブル・ホンダ勢はロングラン走行に注力した感があり、アタックタイムをみられるのはテスト後半ということになりそうだ。

 スペインのカタルニア・サーキットで行なわれたF1プレシーズンテスト1回目。その最終日の走行が全て終わり、午前中に走行を担当したメルセデスのバルテリ・ボッタスが1分15秒732でトップタイムを記録した。

 このボッタスのタイムは自身が記録した昨年のポールポジションタイムに肉薄するものであり、この日も他を圧倒した。

 2番手も同じくメルセデスのルイス・ハミルトンで、1分16秒516。ただメルセデスふたりのベストタイムは、もっとも柔らかく、もっともタイムが出やすいC5タイヤを履いて計測したものである。

 3番手につけたのは、今季F1復帰を果たすエステバン・オコン(ルノー)。オコンは午前中に走行を担当し、76周を走行。C4タイヤで計測した1分17秒102がベストタイムとなった。

 オコンは午後にはチームメイトであるダニエル・リカルドにドライブを譲った。そのリカルドはセッション残り1時間とわずかというところでロングランを実施していたが、コース上にストップ。赤旗の原因となった。ただそれほど大きなトラブルではなかったようで、残り20分弱というところでコースに復帰し、ペースアップ。総合7番手となるタイムを記録した。

 4番手にはこのテストで連日好調の”ピンク・メルセデス”、レーシングポイントのランス・ストロールがつけた。ストロールはトラブルなく順調に走り、115周を走破。セッション終盤にはC2タイヤでのロングランも行なった。

 5番手はアルファタウリ・ホンダの午前中の走行を担当したダニール・クビアト。6番手にはアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィがつけた。ジョビナッツィはこの日最多となる152周を走った。

 レッドブル・ホンダは午前中にはマックス・フェルスタッペンが、午後にはアレクサンダー・アルボンが走行。彼らは終始硬いC2コンパウンドのタイヤを履き、積極的に走行を重ねた。フェルスタッペンは最多27周、アルボンは最多19周のロングランを完了。タイムこそ8番手と10番手に終わったが、しっかりと独自のプログラムを完了させた感がある。アルボンはセッション最終盤にC3タイヤも履き、16周のロングランを行なった。アルファタウリのもうひとり、ピエール・ガスリーが2台のレッドブルの間に入って9番手となった。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、午前中にはパワーユニットのトラブルに見舞われて走行時間を失ったが、午後にはコースに復帰。タイムは総合13番手ながら午前・午後合計で100周を走破した。

 ハースのケビン・マグヌッセンにとっては厳しい1日となった。マグヌッセンは午後の走行を担当したが、セッション開始直後にターン8で右リヤタイヤのパンクに見舞われてスピン。バリアに軽く接触してしまった。マグヌッセンは結局コースに戻ることができず、僅か4周の走行に終わってしまった。タイムも最下位の16番手である。

 これでプレシーズンテストの前半日程が終了。26日から3日間の日程で、同じカタルニア・サーキットでテスト後半が行なわれる。

Read Also:

【F1プレシーズンテスト前半3日目のタイム結果】
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス) 1'15''732 65Laps
2. ルイス・ハミルトン(メルセデス) 1'16''516 73Laps
3. エステバン・オコン(ルノー) 1'17''102 76Laps
4. ランス・ストロール(レーシングポイント ) 1'17''338 116Laps
5. ダニール・クビアト(アルファタウリ) 1'17''427 62Laps
6. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ) 1'17''469 152Laps
7. ダニエル・リカルド(ルノー) 1'17''574 93Laps
8. マックス・フェルスタッペン(レッドブル) 1'17''636 86Laps
9. ピエール・ガスリー(アルファタウリ) 1'17''783 59Laps
10. アレクサンダー・アルボン(レッドブル) 1'18''154 83Laps
11. カルロス・サインツJr.(マクラーレン) 1'18''274 76Laps
12. ロマン・グロージャン(ハース) 1'18''380 48Laps
13. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 1'18''384 100Laps
14. ランド・ノリス(マクラーレン) 1'18''454 49Laps
15. ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ) 1'19''004 72Laps
16. ケビン・マグヌッセン(ハース) 1'19''709 4Laps

次の記事
テスト3日目午前:ボッタスが首位。レッドブルはフェルスタッペンが最多周回で5番手

前の記事

テスト3日目午前:ボッタスが首位。レッドブルはフェルスタッペンが最多周回で5番手

次の記事

フェラーリ代表「我々はメルセデスやレッドブルほど速くない……現時点ではね」

フェラーリ代表「我々はメルセデスやレッドブルほど速くない……現時点ではね」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Barcelona February testing I
執筆者 田中 健一