F1 日本GP

好天に恵まれた2022年F1日本GP予選日。6万8000人が来場と鈴鹿サーキットが発表。2018年より1万5000人増

鈴鹿サーキットは、2022年F1日本GPの予選日に、6万8000人の観客が訪れたことを発表した。

Grand Stand

 3年ぶりに開催されているF1日本GP。その予選日となる10月8日(土)には、6万8000人の観客が鈴鹿サーキットに訪れたことが明らかになった。

 初日となる10月7日には、悪天候ながら3万8000人の観客が集まった2022年のF1日本GP。予選日は一転好天に恵まれ、初日よりも3万人多い観客が鈴鹿に詰めかけた。

 前回開催の2019年は、台風の接近により土曜日の全セッションが中止となった。その前年2018年には、予選日の観客は5万3000人。今年は1万5000人の増加ということになった。

 なお2009年に日本GPの開催地が鈴鹿サーキットに戻って以降の予選日の最多観客数は、2009年の7万8000人。通算で見ると、2006年の14万3000人が最多記録である。

 決勝日は観戦チケットが完売しているだけに、どれほどの観客数となるのかが注目される。

 なお2009年以降で言えば、2012年の10万3000人が決勝日の最多観客数。1987年以降では、2006年の16万1000人が観客数レコードとなっている。

 この予選ではレッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。決勝で優勝+ファステストラップを獲得すれば、他車の成績に関係なく、無条件で2022年のF1ワールドチャンピオン獲得を決めることになる。また初の母国レースを迎えている角田裕毅(アルファタウリ)は予選を13番手で終えている。

 なお決勝日には、岸田文雄総理大臣が、スタートセレモニーに出席するために鈴鹿サーキットを訪れる予定となっている。

 
 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 0.01秒差の決着。フェルスタッペンがホンダの地元鈴鹿でフェラーリ下しポールポジション|F1日本GP予選
次の記事 フェルスタッペン、予選最速も審議対象に「加速しようとしたんだけど、タイヤがかなり冷えていた」|F1日本GP予選

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本