分析
F1 イギリスGP

F1分析|ノリス、ふたつの大きすぎるミスで母国イギリスでの勝利を逃す。なぜレース終盤にミディアムタイヤを履かなかったのか?

F1イギリスGPで勝利を逃したマクラーレンのランド・ノリス。本人もレース中に判断ミスがあったと語るが……そのふたつのミスを検証してみた。

Lando Norris, McLaren F1 Team, 3rd position, in Parc Ferme

Lando Norris, McLaren F1 Team, 3rd position, in Parc Ferme

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

 F1イギリスGPで優勝したのは、メルセデスのルイス・ハミルトンだった。2021年サウジアラビアGP以来、実に2年半ぶりの勝利。7回もF1タイトルを獲り、それまでに103回も勝利を手にしていたあのハミルトンが、大衆の前で涙を流す……実に感動的な結末だった。

 ただ今回のレース、本来ならばもうひとりのイギリス人ドライバーが勝っていてもおかしくなかった。それは、マクラーレンのランド・ノリス。しかしノリスは、2度の判断ミスを犯して勝利をみすみす手放すことになった。

「多くのことが順調だったのに、最後のピットストップで台無しになってしまった。1周の違いだったが、僕らの決断は誤っていた」

 ノリスはそう語ったが、当時のことを検証してみよう。

 イギリスGP序盤はドライコンディションだった。当時はメルセデス勢が1-2体制を形勢。3番手につけていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)以下を大きく引き離していた。しかしひと度雨が降り始めると、マクラーレンのペースが急上昇。ノリスが一気に首位に躍り出た。

 雨が強まり、各車がインターミディエイトタイヤを履いても、ノリスは首位のポジションをキープしていた。このまま行けば、彼にとって通算2勝目も夢ではない……そう思われたが、そこにふたつの落とし穴が待っていた。

 そのひとつ目が、ノリスが言うドライタイヤに履き替えるタイミングだ。

F1イギリスGP決勝レースペース分析

F1イギリスGP決勝レースペース分析

写真: Motorsport.com Japan

 上のグラフは、F1イギリスGPの決勝レース中の上位勢のラップタイム推移をグラフ化したものである。

 雨が弱まり、路面コンディションが急速に改善していくにつれ、各車のペースが向上していった(グラフ赤丸の部分)。そんな中、いつドライタイヤに換えるのかが勝負の分かれ目となった。

 ノリスと優勝を争っていたハミルトン、そして後続のフェルスタッペン、さらにはノリスのチームメイトであるオスカー・ピアストリは、38周目を終えた段階でピットイン。ドライタイヤに履き替えた。ドライタイヤに履き替えたことでハミルトンのラップタイムは、一気に6秒速くなった(グラフ青丸の部分)。

 ノリスはピットストップが1周遅れたことで、単純計算でこの6秒を損した。その結果、ハミルトンにアンダーカットを許すこととなり、2番手に後退してしまったのだ。

 ただこれはまだ決定的な瞬間とは言い難かった。それは、ハミルトンが寿命が短いはずのソフトタイヤを履いたからだ。ノリスは、手持ちのミディアムタイヤを履けば十分に逆転可能だったはずだ。しかしノリスは、ハミルトンと同じようにソフトタイヤを履いてしまったのだ……。

F1イギリスGP決勝レースペース分析(レース終盤)

F1イギリスGP決勝レースペース分析(レース終盤)

写真: Motorsport.com Japan

 こちらのグラフは、上位勢のペース推移の、最終スティント部分のみを拡大したものだ。

 オレンジの実線で示したノリスは、スティント序盤こそ好ペースで走ったが、徐々にペースが低下。明らかなデグラデーション(性能劣化)の傾向が示されている(グラフ赤丸の部分)。

 同じオレンジ色の点線で示したのは、ノリスのチームメイトのピアストリのペース推移だ。

 ピアストリのペースは優勝したハミルトンやフェルスタッペンをも凌ぐものだった。このピアストリが履いていたのが、ミディアムタイヤだった。このミディアムタイヤは、実はマクラーレンにとってはとっておきの武器だったはずだ。

 決勝レースを迎えた段階で、トップ4チームのうち3チーム(レッドブル、フェラーリ、メルセデス)は、ミディアムタイヤを1セットしか持っていなかった。その1セットをスタート時に使ってしまったため、最終スティントはソフトタイヤもしくはハードタイヤを使うしかなかったのだ。しかしマクラーレンだけは、ミディアムタイヤを2セット残していたのだ。ノリスがなぜ最終スティントでこのミディアムタイヤを使わなかったのか、甚だ疑問だ。

F1イギリスGP FP2ロングランペース分析:マクラーレン。点線のピアストリがソフト、実戦のノリスがミディアム

F1イギリスGP FP2ロングランペース分析:マクラーレン。点線のピアストリがソフト、実戦のノリスがミディアム

写真: Motorsport.com Japan

 こちらのグラフは、イギリスGP初日のFP2での、マクラーレンのロングラン比較である。点線のピアストリがソフト、実線のノリスがミディアムタイヤを履いた。これを見ると一目瞭然。ソフトタイヤのデグラデーションが著しかったのは周知の事実。これはマクラーレンに限ったモノではなく、ソフトタイヤでロングランを行なったメルセデスやハース、RBでも同様だった。

 決勝レース序盤にも、ソフトタイヤを履いたキック・ザウバーの周冠宇やアルピーヌのエステバン・オコンらが、早々にペースダウンしたのを目の当たりにした。

「ソフトタイヤに履き替えるという決断も、間違っていたと思う」

 ノリスはレース後にそう語った。その彼のコメントの通り、ミディアムタイヤを選んでいれば、たとえ一時ハミルトンに先行されたとしても、勝利の可能性はグッと高まっていただろう。

 しかしイギリスGPで、イギリス人同士が優勝を争うなんて……なんとも羨ましい話だ。

 

前の記事 最速チームが二転三転……“不思議な”F1イギリスGP、レッドブル代表「タイヤが全ての要因」三つ巴の戦いは続く?
次の記事 来季インディカー参戦のプレマ、ローガン・サージェントとの交渉を認めるも「ドライバーの話をするにはまだ早すぎる」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本