ハートレー、ホンダPUを信頼「オーバーテイクのためのツールもある」

46,873 見る

ブレンドン・ハートレーは、今季開幕戦を終え、ホンダ製パワーユニットの”順応性”に高い評価をしている。

 今季からトロロッソ・ホンダの一員としてF1フル参戦デビューを果たしたブレンドン・ハートレー。その開幕戦オーストラリアGPは、非常に厳しい結果となった。

 16番グリッドからスタートしたハートレーは、スタート直後のターン1でロックアップ。タイヤに大きなフラットスポットを作ってしまい、すぐにピットインせざるをえなかった。これによって、ポイント獲得という目標は早々に潰えることとなった。

 その後、2セット目のタイヤもパンクに見舞われ、2度目のピットストップも早いタイミングで行わねばならず、結局トップから1周遅れの15位に終わった。

 厳しい結果だったにも関わらず、ハートレーはホンダのパワーユニットによって勇気付けられたと考えている。また、ライバルとホイール・トゥ・ホイールのバトルになった際の競争力についても、心配していないようだ。

「昨年のシーズン終盤、僕は別のエンジン(パワーユニット)を走らせた」

 そうハートレーは語る。

「ホンダは、かなり順応性があると思う」

「オーバーテイクを成功させる上で最も重要なのは、DRSでありトップスピードであるのは明らかだ。しかし、これまで見てきた限りは、すべてがスムーズに動いている。ドライバーの視点からも、気にしすぎる必要はない」

「すべては正しい方向に進みつつあり、僕としては心配していることは全くない。ホンダからアップデートがあるとも理解している」

「何も心配していない。メルセデスやフェラーリについて、そして彼らが何をしているかということについて、語ることはできない。でも、僕らもオーバーテイクを成功させるためのツールを幾つか持っている」

 ハートレーは、マシンやチームについてもかなり満足していると言う。

「僕はチームの中で、そしてマシンに乗った時、とても快適に感じている。それは去年以上だ」

 そうハートレーは語る。

「後から考えれば、予選で3回走るべきだった。そうすれば、Q2に進出するチャンスを得られたと思う。あと0.05秒速ければ、僕はQ2に行っていたんだ。もう1回走れば、それができただろう」

「しかし、僕はとても快適に感じた。マシンから欲しいモノが分かっているかのようだった。そういう意味では、僕は本当に満足している。僕はチーム内で、自分の時間をうまく使うことができた」

「僕らが目標とした結果、つまりポイント獲得ができなかっただけだ。それには手が届かなかった」

Additional reporting by Erwin Jaeggi

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース