トロロッソ・ホンダ、厳しい船出。ガスリー「それでも前を向かなきゃ」

26,545 見る

厳しい開幕戦となったトロロッソ・ホンダ。しかしふたりのドライバーは、強くなるために前を向いている。

 テストで好調な走りを見せていたトロロッソ・ホンダは、意気揚々と開幕戦オーストラリアGPに挑んだ。しかしその期待とは裏腹に、厳しいレースとなってしまった。

 ブレンドン・ハートレーは16番グリッドからスタートし、決勝レースは15位でフィニッシュした。

「今日は僕にとって素晴らしいレースとはならなかった」

 ハートレーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「スタート直後のターン1で、ブレーキをロックさせてしまい、タイヤにフラットスポットを作ってしまった。そのフラットスポットは、おそらく僕が経験した中で最も酷いモノだったので、ピットインする以外に選択肢はなかった」

 ハートレーの不運はこれだけでは終わらなかった。ソフトタイヤを履いた第2スティントでは、パンクに見舞われたのだ。

「第2スティントではパンクチャーに見舞われてしまった。それで僕のレースはゲームオーバーだ。しかも、それでリヤにダメージを負ってしまい、単独で走ることになった。今日はポイントを獲得するのは難しかっただろう」

 チームメイトのピエール・ガスリーは、最後尾グリッドながらも好スタートを決め、レース序盤はポジションを上げていた。しかしながらパワーユニットのトラブルにより、リタイアという結末となった。

「僕にとっては良いシーズン初戦とはならなかった」

 そうガスリーは語る。

「ターン12をクリアしたところで、突然エンジンが止まってしまったんだ。それはすぐに再び動き始めたけど、本当に遅く、シフトアップもできなかった」

 このトラブルはMGU-H(モーター・ジェネレータ・ユニット-ヒート/熱エネルギー回生システム)によるものだったと、ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは説明している。

「僕はピットに戻ろうとした。そして、マシンを止めるように言われたんだ。とても残念だった」

 ガスリーはそう続ける。

「テストでは何も問題が起きなかったのにね。最初のレースで問題が発生してしまったことについて、チームの誰もが失望していると思う。でも僕らは前を向き、今回の結果から学んで、バーレーンに強くなって戻ってこなきゃいけない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サブイベント Sunday race
サーキット Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース