ハートレー「中団争いは大接戦。だからポイントは十分狙える!」

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、中団争いは大接戦であるため、ポイント獲得も十分狙えると考えている。

 予想以上に厳しい開幕戦を過ごしたトロロッソ・ホンダ。しかし、同チームのドライバーであるブレンドン・ハートレーは、ポイント獲得を狙うのは十分に可能だと考えている。

「そうであることを、僕は本当に願っている」

 ハートレーはそうmotorsport.comに対して語った。

「予選でさえ、僕らがどれほどの接戦の中にいるのか、見ることができたと思う」

「12位から後ろの集団は、ものすごい接戦だった。0.2〜0.3秒の間に、何台ものマシンが犇めくような状態だった。だからすべてをまとめることができ、トップ10に近い位置からスタートして、良いチャンスがあれば、確かに入賞を目指すことができるだろう」

 ハートレーはそう語る。そして、今後マシンに投入される予定のアップデートが、さらに入賞に近づけてくれることを期待しているようだ。

「今後数カ月の間に、チームはかなり積極的な開発プログラムを準備している。だから、僕らは楽観的に考えているんだ」

 とはいえ、ライバルの進歩も警戒している。

「もちろん、他のどのチームも、懸命な仕事を続けていることを知っている。それでも、僕らはポジティブなスタートを切れたと思う」

 スタート直後にフラットスポットを作ったりしたため、最後尾を走ることになったハートレー。しかしその開幕戦は有意義なモノだったと考えているようだ。

「中団争いは非常に接近している」

 そうハートレーは語る。

「今日(オーストラリアGPの決勝)から、僕らのペースを判断するのを難しい。なぜなら、僕らは問題を抱えていたし、レース中ずっとタイヤを労っていた」

「(スタート直後の)ターン1でのミスにより、困ったことになってしまった。しかし、そういうことだって起こり得る。だから、次のレースを楽しみにしているんだ」

「チームは懸命に仕事を続けているし、大きなアップデートも用意されている。ホンダだってそうだ。だから、今週末は多くのポジティブなことを手にすることができた。しかし、チームにとっては良い日じゃなかったということだ」

Additional reporting Erwin Jaeggi

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サブイベント Sunday race
サーキット Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース