ホンダ田辺TD「予選は不運。決勝でチャンスを最大限に活かしたい」

シェア
コメント
ホンダ田辺TD「予選は不運。決勝でチャンスを最大限に活かしたい」
2018/04/29 2:41

ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターが、アゼルバイジャンGPの予選を振り返り、チームのリリースにコメントを寄せた。

 トロロッソ・ホンダのアゼルバイジャンGP予選は、厳しい結果となった。2台揃って予選Q1落ちを喫したのである。

 この結果について、ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、次のようにチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「予選では不運がありました。それがなければ、ピエール(ガスリー)はQ2に進出できたと思います」

 そう田辺はコメントする。

「パワーユニットで言えば、このコースでエネルギーマネジメントの最善の方法を考え出すのは、非常に複雑な問題です。タイトな直角コーナーの連続と非常に長いストレートの間で、妥協点を探しています」

「これは、パッケージ全体にも影響します。しかしエンジニアとドライバーは、バランスを取るために努力しました」

「我々は今、あらゆるチャンスを最大限に活用するため、レースの準備に集中しています」

次の記事
【動画】F1第4戦アゼルバイジャンGP フリー走行3回目ハイライト

前の記事

【動画】F1第4戦アゼルバイジャンGP フリー走行3回目ハイライト

次の記事

メルセデス、”手榴弾を投げに来る”エクレストンの主張を重視せず

メルセデス、”手榴弾を投げに来る”エクレストンの主張を重視せず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アゼルバイジャンGP
サブイベント 土曜日 予選
ロケーション Baku City Circuit
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
まずは最新ニュースを読む