アゼルバイジャンGPを大逆転で制したハミルトン「少し奇妙な気分だ」

シェア
コメント
アゼルバイジャンGPを大逆転で制したハミルトン「少し奇妙な気分だ」
執筆:
2018/04/29 15:06

アゼルバイジャンGPを大逆転で勝利したルイス・ハミルトンは、ライバルたちの脱落による勝利を、複雑に感じているようだ。

 レース終盤、ライバルのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)が相次いでトラブルに見舞われたことで、アゼルバイジャンGPを勝利したルイス・ハミルトン(メルセデス)は、”少し奇妙”だと感じていると語った。

 今回のレース、ハミルトンはレース序盤からペースが上がらず、最後のセーフティカーが残り4周で退出した時点では、ボッタスとベッテルの後ろ、3番手を走っていた。

 しかし、レースの流れは一気にハミルトンのモノとなった。リスタート直後のターン1で、ボッタス攻略を狙ったベッテルがオーバーランして後退。その後、ボッタスはメインストレート上でパンクに見舞われリタイアしてしまうのだ。ハミルトンは労せずしてトップに立ち、そのままトップチェッカーを受けた。

「正直言って、本当にとても感情的なレースだった」

 レース後、ハミルトンはそう語った。

「バルテリは素晴らしい仕事を成し遂げ、勝利に値する走りだった。セバスチャンも素晴らしかった」

「ここにいるのは、ちょっと奇妙な感じがする。しかし、それを受け取らなければならない。僕は諦めなかったし、プッシュし続けた。でも、僕にとっては良いレースじゃなかった」

 メルセデスのノン・エクゼクティブ・チェアマンであるニキ・ラウダは、複雑な気持ちだとレース後に語った。また、ボッタスの勝利を奪ったデブリが取り除かれていなかったことに対し、怒りを露わにした。

「良い面と悪い面があった」

 ラウダはSky Sportsにそう語った。

「なぜ彼らはサーキットを綺麗に掃除しなかったんだ? そのための時間はたくさんあった。ボッタスには災難だった。しかし、ルイスにとっては幸運だった」

「彼(ボッタス)はすべてを完璧にこなした。レースを楽に勝てたかもしれない。にもかかわらず、ルイスも良い仕事をした。レースに勝てたことについて、神に感謝する」

次の記事
オープニングラップでリタイアのオコン、接触したライコネンを非難

前の記事

オープニングラップでリタイアのオコン、接触したライコネンを非難

次の記事

ペレス、DRS不正使用で3位表彰台が危機に? スチュワードに召喚される

ペレス、DRS不正使用で3位表彰台が危機に? スチュワードに召喚される
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アゼルバイジャンGP
ロケーション Baku City Circuit
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む