レッドブルのマルコ、チームメイト同士討ちに「ふたりとも悪い!」

シェア
コメント
レッドブルのマルコ、チームメイト同士討ちに「ふたりとも悪い!」
執筆:
2018/04/29 15:50

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、チームメイト同士討ちについて「ふたりとも悪い」と語った。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、アゼルバイジャンGP決勝レース中に起きたチームメイト同士討ちについて、マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドの双方を非難している。

 アゼルバイジャンGPの見所のひとつとなったのは、レース序盤から繰り広げられたレッドブルのチームメイトバトルだった。しかし40周目、ターン1でオーバーテイクを仕掛けたリカルドが、フェルスタッペンのリヤに追突する形で接触。ふたりのマシンは大ダメージを負い、その場でリタイアすることとなった。

 この事故に関する意見を尋ねられたマルコは、Sky Sportsに対して次のように語った。

「我々はふたりのドライバーにレースをさせた。その後で彼らはアレをやったんだ。信じられない。ふたりとも間違っている」

「ふたりの間に起きた事故だ。どちらか一方、またはそれ以外の誰かに、問題があるわけじゃない」

「我々はいつも、ドライバーたちに自由にレースをさせている。ナンバー1も、ナンバー2もない。しかし、ドライバーたちの責任能力に期待している」

 マルコ曰く、この問題はレッドブル内部でも議論されたが、ピットウォールからレースを妨げるのは「我々の哲学に反する」と結論付けられたと語った。

次の記事
バクー決勝:SC2回の大波乱、ハミルトン逆転優勝。レッドブル同士討ち

前の記事

バクー決勝:SC2回の大波乱、ハミルトン逆転優勝。レッドブル同士討ち

次の記事

”同士討ち”したレッドブルのふたり「まずはチームに謝罪したい」

”同士討ち”したレッドブルのふたり「まずはチームに謝罪したい」
コメントを読み込む
まずは最新ニュースを読む