好調グロージャン、”4番手チーム”の地位が本物なら「驚くべきこと」

シェア
コメント
好調グロージャン、”4番手チーム”の地位が本物なら「驚くべきこと」
執筆: Scott Mitchell
2018/03/24 2:31

グロージャンは、ハースが熾烈な中団争いを抜け出し、トップ3チームに次ぐポジションを得たのだとしたら驚きべきことだと語った。

Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18 Ferrari
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18 Ferrari
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas VF-18

 2018シーズンのF1開幕戦オーストラリアGPでは、好調のハースが熾烈な中団争いを一歩抜け出し、トップ3チームに次ぐポジションを得たように見えたが、ロマン・グロージャンはそれが事実なら驚くべきことだと語った。

 グロージャンは、オーストラリアGP初日を総合6番手で終えた。5番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)から0.2秒遅れ、8番手のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)には0.5秒以上の差をつけている。

 レッドブルのダニエル・リカルドが赤旗によってアタックを完遂できなかったため、7番手となっているが、それを踏まえてもグロージャンはメルセデス、レッドブル、フェラーリといったトップ3チームに次ぐポジションに悠々とつけているように見える。

 これについてグロージャンは、次のように語った。

「今回の結果が本当のモノなのか、他のチームに何か起きたのかを知る必要がある」

「僕たちがトップ3チームと中団争いの間の”空白の地”にいるのだとしたら、理想的ではない。だけど一方で、昨年のフォースインディアはそのポジションに満足していた」

「もしあのポジションで終われたなら、驚くべきことだ。だけど僕たちは、マクラーレンやルノー、フォースインディアといったビッグチームと戦っているし、彼らは多くの経験とリソースも持っている」

「非常に興味深い戦いになる。うまくいけば、彼らの前に留まれるだろう」

 グロージャンは、まだいくつかのマッピングが100%ではないと明かし、ビッグチームの前に出ることを狙うのではなく、自分たち自身のパフォーマンスに集中している限りはまだパフォーマンスを上げていけると話した。

「僕たちは、競争相手がいないところで戦っている。彼ら(トップ3チーム)はまだ少し遠すぎる」

「自分たち自身の仕事をし、できることに集中していく。もちろん常に他者と比較し、自分たちのポジションを確認したいと考えているが、それは道を見失うことにもつながる」

 オーストラリアGP初日の走行中、グロージャンは縁石にヒットしたことでバージボードを壊してしまった。チーム代表のギュンター・シュタイナーは、ハースがプレシーズンテスト中に苦しめられた、空力パーツの破損が再発したわけではないと説明した。

 また、シュタイナーはトップ3チームやその他のチームとのギャップを見て少し驚いたことを認めたものの「まだ初日のフリー走行を終えただけだ」と、慎重な姿勢は崩していない。

「エンジンモードやマシンの重量といったことなど、まだいくつかのことを理解する必要がある」

「それでも、このポジションはとても心地が良い。明らかに、ビッグチームの一角を捕まえることはできないだろうが、その他のチームが我々の0.3秒後ろにいるのだから、私はハッピーだ」

 一方、ケビン・マグヌッセンはFP2で”おかしな問題”に苦しめられたと述べた。彼はグロージャンから0.6秒遅れの9番手となっている。

 彼はチームがマシンのジオメトリを変更した後に、スロットルペダルの調整を行わなければならなかったことに加え、ある時点でヘルメットの内装が脱落するというトラブルに見舞われた。

「あまり深刻には考えていないけど、おかしな問題に遭遇したという点で、ちょっと変わった1日だった」とマグヌッセンは語った。

「マシンの限界には全く迫っていなかった。少なくともここでは、マシンが再び機能していることを確認できた」

「だけど、僕たちは昨年も競争力のあるレースを何回かすることができた。一方で昨年は一貫性がなかったから、僕たちは慎重になっているんだ」

次の F1 ニュース
ガスリー、激戦を覚悟「少しの差がグリッドに大きな違いをもたらす」

前の記事

ガスリー、激戦を覚悟「少しの差がグリッドに大きな違いをもたらす」

次の記事

金曜日最下位のルクレール「アルバートパークは想像以上に難しかった」

金曜日最下位のルクレール「アルバートパークは想像以上に難しかった」

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース