ホンダ「4位は素晴らしいが、2台完走できたのが、我々には最も重要」

シェア
コメント
ホンダ「4位は素晴らしいが、2台完走できたのが、我々には最も重要」
執筆: 田中健一
2018/04/10 10:58

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、4位に入賞したバーレーンGPの決勝レース終了後、報道陣の取材に応えた。

 ホンダは、トロロッソとのパートナーシップ締結2戦目となるバーレーンGPを戦った。それはピエール・ガスリーが4位に入るという、ある意味”望外”の結果だった。

 この結果の重要性について、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、次のように語った。

「今回のレースでは、2台のマシンが揃ってフィニッシュしました。それが我々にとって、今週末最も重要な結果のひとつです。そしてレースを完走した結果、4位を獲得できました。これも、我々にとっては素晴らしいことでした」

 この好結果が、今後の計画にどんな影響をもたらすか尋ねられた田辺テクニカルディレクターは、次のように答えた。

「どうなるか見てみましょう。しかし今回の結果が、ここにいるトロロッソとホンダの皆、そして将来に向けてさらに開発を進めていくためのエネルギーを与えることになってくれることを願っています」

 また信頼性を高める重要性について、田辺氏は次のように説明した。

「我々はレースをしています。だからスピードはとても重要なのです。開幕戦でトラブルが起きた直後から、日本のさくら研究所で調査を開始しました。そして、両方のマシンのパーツをさくらに送り、問題点を探りました」

「ハートレーのクルマはOKでした。問題がなかったのです。2015年以降の経験から、何が起こっていたのかを探りました。我々はこれまでに、多くの問題を抱えていたのです。しかしその経験は、問題を短期間で解決するのを助けてくれました。しかしまだ学んでいる最中ですから、100%修正できたとは言い切れません。我々の情報から、現時点でそれを修正したと仮定しました」

 ホンダのERSがどのくらい進んでいるのかについて、田辺テクニカルディレクターは解説する。

「どのくらいということをお伝えするのは、非常に難しい。しかし昨日(土曜日)のフリー走行の後、当社のエンジニアは、システムの使用方法についてドライバーとディスカッションしました。そして、戦略の詳細を決めたのです。それがうまく機能したと信じています」

 今回の4位という結果は、マシンの空力面のアップデートが功を奏した結果だというのが定評である。パワーユニットの進歩について田辺氏は、「信頼性だけでなくパフォーマンスも向上させている」と説明する。

「我々はレース距離について考えました。常に、1周のパフォーマンスについては考えています。しかしそれと同時に、レースを通じてのパフォーマンスも考えているのです」

「現在の開発は信頼性の面だけでなく、パフォーマンスにも焦点を当てています。そのバランスを見つける必要があるのです。パフォーマンスを重視しすぎると、信頼性の面に影響を与える場合があります。パフォーマンスを下げすぎると、後方に沈んでしまうこともあります。ですから、それは非常に難しいのです。しかし我々は、両方をより高いレベルにするために、一歩一歩進んでいます」

「開発の観点から言えば、内燃エンジンは、最も改善すべきコンポーネントだと思います」

Pierre Gasly, Toro Rosso, and Toyoharu Tanabe, F1 Technical Director, Honda, celebrate a 4th place finish

Photo by: Andrew Hone / LAT Images

 昨年まで、ホンダはマクラーレンと共にF1を戦ってきた。しかし、信頼性の問題が多発。これに業を煮やしたマクラーレンは、契約を早期に打ち切り、今季からルノー製のパワーユニットを使っている。つまり、マクラーレンから三行半を突きつけられる形となったわけだ。

 しかし今回のレースでトロロッソ・ホンダは、マクラーレン・ルノーを全く寄せ付けなかった。こんなに早くマクラーレンを倒すことを期待していたかと尋ねられた田辺テクニカルディレクターは、きっぱりと次のように語った。

「我々は全10チーム、20台のマシンが走るF1に参加しています。特定の1チームには、あまり興味がありません」

 2戦目で好結果を残したトロロッソ・ホンダ。第3戦中国GPは、今週末にすぐ行われる。再びの好走が期待されるが、果たして?

Additional Report By Scott Mitchell

次の F1 ニュース
レッドブル、悪夢のトラブルに失望。”速くて信頼性のあるPU”要求

前の記事

レッドブル、悪夢のトラブルに失望。”速くて信頼性のあるPU”要求

次の記事

ガスリー、レッドブル昇格を考えず「今はチームと4位を祝おう」

ガスリー、レッドブル昇格を考えず「今はチームと4位を祝おう」

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
サブイベント Sunday race
ロケーション バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース