F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
24 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
31 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
45 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
59 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
66 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
80 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
87 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
101 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
115 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
143 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
150 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
164 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
171 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
185 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
199 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
206 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
220 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
234 days

完璧なレースで4位のガスリー「ホンダの復帰以来最高位は嬉しい!」

シェア
コメント
完璧なレースで4位のガスリー「ホンダの復帰以来最高位は嬉しい!」
2018/04/09 5:31

バーレーンGPで4位に入ったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、ホンダのF1復帰以来最高の成績を残せたのは嬉しいと語った。

 バーレーンGPの決勝で4位フィニッシュと大殊勲の結果を残したピエール・ガスリーが、レース後に報道陣の取材に応えた。

「チャンスがあれば、すべてを得られるようなポジションにいたいと思っていた。でも正直に言って、ルノーやマクラーレンと戦うつもりだったし、ハースのロングランが本当に速いのもわかっていた」

 そうガスリーは興奮気味に語った。

「4位という結果は考えていなかった。何台かがリタイアするという幸運がないといけなかったからね。でもクルマは素晴らしかったし、ペースも良かった。僕にとっては、グリッドで(バルテリ)ボッタスや(ダニエル)リカルドと並んでいたのは、信じられない感触だったし、素晴らしい経験だった」

 ガスリーは開幕戦オーストラリアGPでホンダのパワーユニットのトラブルに見舞われ、リタイアしている。これについて心配していたかと尋ねると、そんなことは考えなかったと語る。

「そういうことは心配していなかった。僕はマシンの中で、できる限りのことをしようと集中し続けていたんだ。でも、実際にはブレーキに問題があった」

「10周か11周くらい走った頃、ターン11でブレーキを失ってしまった。だから1.5秒ほど失ってしまった。僕は『どうしたんだ? どうしたんだ?』と思っていた。それですぐにストレートに戻ってきたんだけど、少し怖かった」

「でもその後はすべてが完璧に行った。戦略も素晴らしかったし、クルマはとても速く、良いラップを走ることができた。だから、ホンダに対する心配はノーだ。信じられない感触だ」

「ホンダは確かに大きな一歩を踏み出したと思う。正確に比較するのは難しいし、数字を挙げるわけにはいかないけど、彼らは間違いなく大きな前進を果たしている」

 トップ3チームの6台が大きく抜け出している今年のF1。そんな中での4位と言う成績は、望外の結果だと言える。「優勝に匹敵するのではないか?」と尋ねられると、ガスリーは次のように語った。

「そうだね。チームにとって、素晴らしいと感じている。ホンダが2015年に復帰して以来、最高の成績でもある。日本が今何時なのか分からないけど、彼らがすごく喜んでくれてなきゃいけない。素晴らしいことだ。彼らはこの数年間、厳しい時期を過ごしてきたから。今回の結果は良いモチベーションになるし、プッシュし続ける必要があることを示した」

「今週末には素晴らしい前進を果たした。クルマはここに来てからずっと速く、予選で最高成績を出せたことでとても満足していたんだ。しかし、この4位を得た後の感情には、何も勝てないと思う」

「とにかく、僕にとっては素晴らしいことだった。シーズン初めには、こんなポジションを争えるとは思っていなかった。もちろん、ドライバーとしては僕はすごく向上心を持っている。トップに立ちたい。しかし時間が必要だ。僕らが少し苦しんでいることは分かっていたからね。正直なところ、今週末を自分自身で説明するのは難しいんだ」

「スーパーフォーミュラで1年を過ごした後、ホンダにとってこの10年で最高の成績を残せたというのも嬉しい。彼らとはとてもいい関係だけど、今回の結果は彼らの自信を強めることができたと思う。そして今年は可能性があるから、プッシュし続けなければいけないと、彼らに示すこともできた」

 ガスリーは、フィニッシュラインを通過した時、ただただ幸せを感じたと語る。彼は国際映像でも公開された無線で、涙声でチームに感謝の気持ちを述べていた。

「『オーマイゴット! 僕らは4位だ!』というような感じだ。ただ素晴らしい気分だった。レース中はタイヤや燃費、バッテリー、後ろとの間隔など、いろいろなことを考えなきゃいけない。それに集中するのに大きなエネルギーを使う……それは、精神的にすごく疲れることを意味するんだ」

「(チェッカーを受けると)全てが解放され、感情が溢れ出てくる。こういう時には、僕はとても感情的になる。僕はただ幸せだった」

 ガスリーにとっても、今回の4位はF1で初の入賞になる。次は表彰台を目指すのかと尋ねられると、非常に冷静な答えが返ってきた。

「まずは4位を祝おうよ! もちろん、今日は素晴らしい結果だった。僕らは、レッドブルの2台(とフェラーリの1台)がリタイアするという状況の中で、最善を尽くすことができた。だから、今日の結果に満足する必要があるし、次の数レースは客観的にならなければいけない」

「全てのレースで今回のようなポジションを戦うことなんて期待できない。だから今はただ、この結果をチームと祝いたいと思う」

次の記事
ハミルトン、フェルスタッペンを”愚か者”と酷評「接触は敬意のない行動」

前の記事

ハミルトン、フェルスタッペンを”愚か者”と酷評「接触は敬意のない行動」

次の記事

ハートレー&ペレス、レース前のインシデントによりタイム加算

ハートレー&ペレス、レース前のインシデントによりタイム加算
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
サブイベント Sunday race
ロケーション バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中