ハミルトン、ペース不足の原因わからず「フェラーリと戦えていない」

ハミルトンは、バーレーンで以前のようなペースが発揮できない理由はわかっていないと明かした。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、今週末は開幕戦の時のようなペースを発揮できず、フェラーリと戦えていないと語った。

 開幕戦オーストラリアGPではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が優勝したものの、マシンは明らかにフェラーリよりもメルセデスの方が速かった。しかし今週末、メルセデスはフェラーリと戦うことができておらず、予選ではベッテルがポールポジション、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2番手と、フェラーリがフロントロウに並んだ。

 オーストラリアと比較して、2チーム(メルセデスとフェラーリ)の間で流れが変わったことについてハミルトンに尋ねると、彼はこう答えた。

「その答えが全くわからない。なぜ今週末は開幕戦の時のようなペースがないのかわからないんだ」

「何らかの理由で、前回のフェラーリにはペースがなかった。でも今や彼らは通常通りに戻っているよね?」

「今後レースをこなしていけばその答えもわかるだろう。今の僕たちにわかっていることは、週末を通してフェラーリが速くて、ここまで僕たちは彼らと戦えていないということだ」

「ベッテルのラップを見ても、目を見張るほどのものではなかった。クリーンなラップを走っていたけど、僕たちの方が優れている部分もある」

「前回のレースでのラップを見ると、彼らのマシンバランスも良かった。でもここでの僕のラップはみっともないものではないし、大抵は良いラップだった」

「メルセデスにとって厳しかったということではない。ただフェラーリの方が速かっただけのことだ」

 彼は、ギヤボックス交換を行ったため5グリッドペナルティを受けており、決勝レースを9番手からスタートする。なお現行のレギュレーションでは、予選Q3に進出したドライバーは、Q2でベストタイムを記録した際に使用していたタイヤでレースをスタートすることになっている。ハミルトンはQ2をソフトタイヤで突破したので、周囲のドライバーとは異なるタイヤを履いてのスタートとなる。

 ハミルトンはマシンに満足しているが、メルセデスとフェラーリとの間で状況が変わるとは期待していないという。

「スーパーソフトタイヤでのロングランは本当に申し分のないものだった」

「だけど、それでも僕たちが最速ではなかった」

「どのタイヤを履くのかは重要ではない。誰が速いのか、だ。今週末はそういう状況なんだ。彼ら(フェラーリ)のロングランのペースは、スーパーソフトでもソフトでも僕たちより速かった。決勝レースもそうなりそうだ」

「この状況を変えて、そうならないように挑戦したい。でもベストを尽くすこと以外にできることはそれほど多くない」

 フェラーリに次ぐ予選3番手を獲得したチームメイトのバルテリ・ボッタスは、メルセデスのペース不足に直面し、困り果てていたと明かした。

「何が起こっているのかわからないんだ」

「ここに来る前に期待していたほどのペースはなかった。でもメルボルン以降、何も変わったこともない」

「今週末はここまでフェラーリの方が速かった。僕たちはその原因をきちんと理解しなければならない」

Additional reporting by Adam Cooper

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース