ハミルトン、ギヤボックス交換でグリッドペナルティ。油圧漏れが発生

シェア
コメント
ハミルトン、ギヤボックス交換でグリッドペナルティ。油圧漏れが発生
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
協力: Adam Cooper
2018/04/07 1:49

ハミルトンは、FP3を前にギヤボックスを交換する。そのため5グリッドペナルティを受けることが決定した。

Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09 EQ Power+
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09 EQ Power+
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09

 バーレーンGPの金曜日の夜、FIAは、メルセデスのルイス・ハミルトン(メルセデス)が土曜日より新しいギヤボックスを使用することを発表した。ギヤボックスには6レース連続での使用義務があるが、今回ハミルトンはその義務を満たす前に交換を行うので、グリッドペナルティを受けることになる。

 チームメイトのバルテリ・ボッタスは、開幕戦オーストラリアGPの予選でクラッシュし、すでに2基目のギヤボックスを搭載している。

 メルセデスのチーム関係者によると、ハミルトンのギヤボックスは、オーストラリアですでに油圧漏れに見舞われていたという。FIAの管理下で詳しい検査を受けたのはバーレーンに来てからのことであったが、そこで今回のトラブルが見つかった。

 チームは、ダメージを負ったギヤボックスを再度使用するというのはあまりにもリスクが高すぎるので、ギヤボックスを交換するという判断を下した。その一方で前戦でのボッタスのギヤボックス交換は、ギヤボックスにダメージを負った後に各チームが行うルーティーン的なものだった。

 開幕戦ではバーチャルセーフティカー出動のタイミングによってセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に先行され、そのまま優勝を許してしまったハミルトン。それゆえ今週末は、オーストラリアで負けた分をを取り戻そうと彼は必死になっていた。

 しかし金曜日の走行を終えて、フェラーリはペース面での競争力を持っているようであった。ギヤボックス交換を行うハミルトンは、これ以上負けるわけにはいかないというより大きなチャレンジに直面している状況だ。

 またフリー走行後には、メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンが、現状ではオーストラリアの時ほどパフォーマンスに満足できていないと認めていた。

「いかなる信頼性の問題も起こっていないし、期待通りにプログラムを通した走行が出来た。だがパフォーマンスに関しては、最善の日ではなかった」

「夜の間にやらなければならないことがたくさんある。明日のセッションでは、予選や日曜日のレースで良い戦いができるマシンを仕上げる必要がある。ベースは大丈夫だが、まだメルボルンの時のような競争力を発揮できていない」

次の F1 ニュース
【動画】F1第2戦バーレーンGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】F1第2戦バーレーンGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

FP2で6番手のリカルド「レッドブルは決勝で6位以上を狙える」

FP2で6番手のリカルド「レッドブルは決勝で6位以上を狙える」

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
ロケーション バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース