デイモン・ヒル、ウイリアムズを語る「徐々に速くなると確信している」

1996年にウイリアムズでF1王者に輝いたデイモン・ヒルが、今年のウイリアムズについて語った。

 今シーズンのウイリアムズについて、同チームで1996年にワールドチャンピオンに輝いたデイモン・ヒルが語った。

 ヒルは1992年にブラバムからF1デビューした。これと並行して、当時最強チームの名を欲しいままにしていたウイリアムズのテストドライバーを務め、1993年にアラン・プロストのチームメイトとして同チームのレギュラードライバーに昇格すると、1996年には念願のF1ワールドチャンピオンに輝いた。デイモンの父親であるグラハム・ヒルも1960年代に2度にわたってF1王者に輝いており、史上初の親子ワールドチャンピオンとなった。

 そのヒルが、今年のウイリアムズについて語った。

 デビュー2年目のランス・ストロールと、ルーキーのセルゲイ・シロトキンという非常に若いラインアップで今シーズンのF1に挑むウイリアムズ。その初戦となった開幕戦オーストラリアGPでは、ストロールが14位、シロトキンがリタイアという厳しい結果に終わった。

「ストロールは、予選で良い仕事をしたと思う。そしてセルゲイは、スピードを上げるまでにもう少し時間がかかるだろう」

 今季のラインアップについてそう語ったヒルは、シロトキンについて次のように続けた。

「F1に昇格するというのは大きなステップだし、学ぶこともたくさんある。彼には才能があるだろう。しかし去年のランスと同じように、それを発揮するには時間が必要だ。成長するための自信と経験を得るためには、時間がかかる」

 今季のウイリアムズのマシンは、コンセプトを一新したこともあり、テストの時点から「苦戦するのではないか?」との見方が一般的だった。しかしヒルはこの考えを否定する。

「それほど悪くないと思う。彼らは何かを手にしたようだ。詳しくは知らないけどね。今年の競争は非常に厳しい。しかし、彼らが走行を重ねていけば、徐々にタイムが上がっていくものと、私は確信している」

Exclusive quotes by Erwin Jaeggi

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Damon Hill , ランス ストロール , セルゲイ シロトキン
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース