ワークスチームの”特権”は許さず。FIA、PUの仕様”同一化”を厳命

FIAは、PU供給を受けるカスタマーチームが、ワークスチームのPUと同じ性能を発揮できていないのではないかという疑念を取り除こうとしている。

 FIAは、パワーユニット(PU)の供給を受けているカスタマーチームが、ワークスチームのみが使用出来るエンジンモードによって不利になっているのではないかという疑念を取り除くため、行動を起こしている。

 新たに発行された技術指令書で、FIAは同一のマニュファクチャラーが製造した全てのパワーユニットが、同じように運用できるようにすることを指示している。

 レギュレーションではすでに、カスタマーチームに供給されるPUはワークスチームのものと物理的に同一であることをドシエ(調査書類)システムによって確認することが、競技規則付則4に定められている。

 しかしPUがたとえ物理的に同一だったとしても、例えば”予選モード”のように、ワークスチームしかアクセス権限を持たないようなエンジンモードを使用されている可能性があると、FIAは考えている。

 先月チームに送られた技術指令書では、付則4とドシエシステムについて『あるマニュファクチャラーから供給された全てのPUが全ての面で同一であることの保証が目的であり、我々がそれに当てはまっていない事例があると考える十分な理由がある』と記されている。

「それぞれのチームに提出された書類は同一であるかもしれないが、同じマニュファクチャラーが提供したPUを、他のチームとは違う運用をしているチームがあるようだ」

「ひとつのマニュファクチャラーから供給される全てのPUは、各チームで同一であるというだけでなく、同一の方法で運用できるべきだというのが我々の見解だ」

「これを念頭に置き、同じマニュファクチャラーから提供される全てのPUについて、各チームに提出されるドシエが同一であることを確認する。さらに、チームが次のいずれかの条件を拒否することをFIAに通知しない限り、以下のような条件を満たす必要がある」

1)同一のソフトウェアで動作し、正確に同じ方法で操作できること

2)同じ仕様の燃料とオイルを使用して走行すること 

 燃料の条件に関しては、カスタマーチームがワークスチームと同じ燃料サプライヤーを使用していないケースが考慮されている。

 過去2年間、フェラーリはFIAから2つの全く異なる仕様のPUを稼働させる許可を得ている。2016年はトロロッソが、昨年はザウバーがフェラーリの1年落ちのPUを使用していたからだ。しかし今年は、全てのカスタマーチームがワークスチームと同じ仕様のPUを使用することになる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース