マクラーレンF1「真の2018年型マシンは、スペインGPに登場する」

マクラーレンのエリック・ブーリエは、MCL33にアップデートを加え”真の姿”になるのはスペインGPだと発言。予選ペースの改善を目指すという。

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、今季マシンMCL33が真の姿になるのは、5月のスペインGPだと語る。そしてそのマシンは、予選パフォーマンスの向上に貢献するはずだという。

 フェルナンド・アロンソが開幕3連続入賞を果たすなど、現在コンストラクターズランキング4位につけている今季のマクラーレン。しかしレースペースこそ安定しているものの、予選でのパフォーマンス不足は否めず、特にストレートスピードの面でライバル勢に遅れをとっている。

 チームは現在も開発を続けており、5月のスペインGPにも、真の姿をまとったMCL33がデビューすると、ブーリエは語る。

「我々の2018年マシンは、バルセロナ(スペインGPの開催地)に登場する。それが、我々が期待しているクルマになっていることを願っている」

 ブーリエはそうmotorsport.comに対して語った。

「今走らせているクルマは、計画通りのモノだ。パフォーマンスの目標を逃したわけではない」

「しかし、スケジュールは遅れてしまった。バルセロナで登場させるマシンは、オーストラリアに持ち込まれるはずのモノだった」

「うまくいけば、このクルマは我々が期待している通りのモノになるだろう」

 ブーリエは、計画通りのマシンを持ち込めないという”制限”の下で序盤4レースを戦わなければならないことについて、フラストレーションを感じていると認める。

「そういうことだ。そうなることを我々は分かっていた。そして、我々にできる最善を尽くさなければいけないのだ」

「これまでは、運に左右されるところがあった。そして我々はチャンスを活かし、ふたりのドライバーは可能な限り多くのポイントを獲得した」

「レースではそれが可能なパフォーマンスを持っているが、予選ではパフォーマンスを発揮できていない。そういう状況を見るのは、実にフラストレーションが溜まる」

 新しいパッケージが示すパフォーマンスについて興奮しているかと尋ねられたブーリエは、「期待はないし、その必要もない」と語った。

「祝うことができるのは、表彰台に登った時か、その表彰台の頂点に立つ時だけだ。私は、それを理解するのに十分なほど長く、このF1の世界にいる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース