マクラーレンが組織改革を実施。ザク・ブラウンがF1チームのCEOに

ザク・ブラウンが、マクラーレンF1チームのCEOに就任することになった。

 マクラーレン・グループは、マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ、マクラーレン・オートモーティブ、マクラーレン・レーシングの3つの部門に、明確に分けられたことが、火曜日に明らかにされた。

 これまではマクラーレン・オートモーティブとマクラーレン・テクノロジー・グループの2部門に分けられており、レーシングとアプライド・テクノロジーズ、マーケティングは、テクノロジー・グループの中に含まれていた。

 今回構造を単純化することにより、マクラーレンはそれぞれの部門に、明確な管理者を置くことができるようになった。その結果、ジョナサン・ニールがマクラーレン・グループ全体のCOOに、ザク・ブラウンはマクラーレン・レーシングのCEOに、それぞれ就任することになった。また、マクラーレン・オートモーティブのCEOは引き続きマイク・フレウィットが務め、マクラーレン・アプライド・テクノロジーズのCEOは選考中だという。

 エリック・ブーリエは、引き続きマクラーレンのF1レーシングディレクターを務めるが、その上司にブラウンが就任するわけだ。

 マクラーレン・グループの会長であるシェイク・モハメド・ビン・エッサ・アル・ハリファは、今回の件について次のように説明する。

「この1年間、企業としてのレベルでは、マクラーレンの今後の成長のため、構造と位置づけに焦点を置いて作業を行ってきた」

「今回の結果は、その作業による自然な結果であり、よりシンプルになるよう設計されている。そして、構造とグループのリーダーシップを明確にしたのだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース