メルセデス、PUモードの使い方を説明。開幕戦での使用の真偽は?

メルセデスはPUモードの使い方を説明し、最もパワー出力の高いモードの使用は状況に左右されると明かした。

 2018シーズンの開幕を前に、ハミルトンは「メルセデスは予選時にPU(パワーユニット)の特別なモードである”パーティーモード”を使用する」と冗談を交えて述べていたが、この発言は開幕戦オーストラリアGPの週末に様々な議論を呼び起こした。

 フェラーリとレッドブルは、オーストラリアGPの予選Q1とQ2ではメルセデスに近いペースを発揮することができていた。しかしQ3になると、ハミルトンは2番手に0.6秒の差をつけてポールポジションを獲得した。

 ハミルトンはQ3で特別なエンジンモードを使用したことを否定し、Q2と同様の設定で走行したと主張している。しかし過去にもメルセデスがQ2からQ3にかけて大きくタイムを更新していたことを考慮すると、”ハミルトンの発言は真実ではないのでは?”という疑念が生じる。

 一方でメルセデスは、週末の大部分でひとつのモードを使用すると説明していた。だが最もパワーのあるモードの使用はその時々の状況に左右され、予選を通して使うこともあれば、Q3のみで使用することもあるという。

PUの相互作用

 現在のF1のパワーユニットは、内燃エンジン(ICE)、ターボ、MGU-K、MGU-H、コントロールエレクトロニクス(CE)、エナジーストア(ES)から成っている。

 これらの各コンポーネントは、それぞれ相互作用が成り立っている。例えばMGU-KやMGU-Hの回生エネルギーのデプロイ(使い方)を調整することで、ICEの出力を抑えるといったことも可能だ。

 メルセデスPUには3つの基本的なパワーモードが存在していると言われている。そしてそれらは、MGU-KとMGU-Hの回生とデプロイに影響を与える。特にレースのスタート時は”フルパワー”で回生エネルギーを使うタイミングだと、メルセデスは主張する。

レース中のPU保護、管理

 フリー走行やレースの一部では、PUを労わることが最優先である。そのためメルセデスはレース中に”攻撃的な走行と通常走行”のバランスを取るモードを採用している。

 オーストラリアGPではルイス・ハミルトンもバルテリ・ボッタスもオーバーヒートに苦しんでいたが、これについてメルセデスは、PUのパフォーマンスを下げることで状況をコントロールしていたと説明した。このやり方は、セーフティカーが出動した際にマシンを冷却するための方法と同一のものだという。

 2018年は、1シーズンに使用できるPUは3基まで(MGU-K、CE、ESは2基まで)と昨年よりも厳しくなった。それゆえハミルトンとボッタスは、高い出力モードでの走行距離を減らしPUを保護していた。

『フェーズ・ドキュメント』による管理

 PUの走行距離は、『フェーズ・ドキュメント』と呼ばれるものによって指示されるようだ。カスタマーチームのマシンに搭載されたPUの稼働も同様だ。

 メルセデスによると、今シーズン最初にパワーが重要になるレースは、第4戦アゼルバイジャンGPだという。グランプリの会場となるバクー・シティ・サーキットは、長いストレートと加速ゾーンのあるコースだ。

 これについて、メルセデスは以下のように考えている。

「シーズンが進むにつれて、エンジンモードに関する話がどう展開していくのか興味深い。特に最もパワーに影響を及ぼすサーキットでのレースの際はどうなるのだろうか、とね」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース