トロロッソのハートレー「メルボルンより向いている。初ポイントを!」

トロロッソ・ホンダのふたりのドライバーが、今週末のバーレーンGPについて意気込みを語った。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーが、今週末に行われる第2戦バーレーンGPへ向けた意気込みを語った。

 2018年のF1第2戦、舞台は中東、バーレーン国際サーキットである。

 好調なオフシーズンテストを過ごしたトロロッソ・ホンダだったが、開幕戦オーストラリアGPでは一転して苦戦。ハートレーは15位、ガスリーはMGU-Hのトラブルによりリタイアに終わった。

 開幕戦の雪辱を晴らすべく望むバーレーン。ハートレーはこのサーキットに好印象を抱いている。

「バーレーンは僕にとって、素晴らしい思い出のあるサーキットだ」

 そうハートレーはチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「ポルシェのLMP1チームで、マーク・ウェーバーやティモ・ベルンハルトと共に、2015年に初めて世界タイトルを獲得した場所だからだ。僕は戻ってくることができ、とても幸せた」

 しかし、簡単なレースになることはないと気を引き締める。

「カレンダーの中で、最も強みを発揮できるコースだとは言えない。しかしその一方で、よく知ったサーキットだ」

「メルボルンではポイントを獲得できなかったけど、ポジティブな部分も多くあった。僕はバーレーンが僕らにとって、メルボルンよりは適したサーキットであると信じている」

「今回の僕の目標は、F1での最初のポイントを獲得することだ」

 ハートレーのチームメイトであるガスリーにとっても、バーレーンは験の良い土地だという。その思い出は、奇しくもハートレー同様、2015年のことだった。

「バーレーンについての思い出と言えば、2015年にポールポジションを獲ったことになると思う」

 そうガスリーは語った。

「そのポールポジションは、GP2にデビューしてから2回目のポールポジションだった。でも、F1で走るのは今年が初めてだ」

「ここは普通ならばかなり暑い。でも、F1はナイトレースだ。僕にとってはそれも新しいことだ。お気に入りのコースというわけじゃないけどね」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース