ハートレー「午前は走行時間を失った。予選に向けてまだ改善できる」

シェア
コメント
ハートレー「午前は走行時間を失った。予選に向けてまだ改善できる」
2018/03/23 9:55

トロロッソ・ホンダのブレンド・ハートレーは、オーストラリアGP初日を終え、予選に向けてまだ改善できると自信を語った。

 2018年のF1開幕戦オーストラリアGP。その初日が終わり、トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、午前中のフリー走行1回目(FP1)を18番手、午後のフリー走行2回目(FP2)を16番手で終えた。

 走行を終えたハートレーは、チームのプレスリリースに次のようにコメントを寄せた。

「今朝のFP1では、走行時間を少し失ってしまった」

 そう語るハートレー。FP1でハートレーは”運用に関する問題”に見舞われ、長い時間ガレージ内にとどまることになってしまった。しかし修復が完了するとコースに復帰することができた。

「でもFP2はうまく行って、失った時間を取り戻すことができた」

 そう語るハートレーは、タイヤを理解するために必要な、多くのデータを取ることができたと自信を深める。

「タイヤを管理することは、全てのチームにとって大きなテーマになるだろう。しかし、僕らはロングランとショートランの両方で、良いデータを取ることができた。僕らは中団争いの真っ只中にいるように見える。でも、明日の予選までには、まだ改善の余地があると思う」

次の F1 ニュース
雨の予選を望むレッドブル。リカルド「雨ならメルセデスを倒せるかも」

前の記事

雨の予選を望むレッドブル。リカルド「雨ならメルセデスを倒せるかも」

次の記事

ホンダ田辺テクニカルディレクター「初日のプログラムは全て完了」

ホンダ田辺テクニカルディレクター「初日のプログラムは全て完了」

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストラリアGP
サブイベント Friday practice 2
ロケーション Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース