F1とWECに参戦するアロンソ。過酷なスケジュールにどう対処する?

シェア
コメント
F1とWECに参戦するアロンソ。過酷なスケジュールにどう対処する?
執筆:
2018/05/03 3:45

F1にはマクラーレンから、WECにはトヨタからフル参戦する今季のアロンソ。”ピーク”を避けるために日常を変え、準備を進めているという。

#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso with Alex Wurz, Toyota Racing
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
#8 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
#7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050-Hybrid: Fernando Alonso
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL33 Renault, Fernando Alonso, McLaren MCL33 Renault
Fernando Alonso, McLaren, signs autographs for kids
Fernando Alonso, McLaren, on the grid
Stoffel Vandoorne, McLaren, and Fernando Alonso, McLaren, on the grid
Fernando Alonso, McLaren
Fernando Alonso, McLaren MCL33 Renault, climbs out of his car on the grid
Fernando Alonso, McLaren MCL33

 フェルナンド・アロンソは今季、マクラーレンからF1にフル参戦すると共に、TOYOTA GAZOO Racingの一員としてWEC全戦も走ることになっている。そしてアロンソにとってのWECデビューレースとなるスパ6時間レースは、今週末の開催だ。

 しかしアロンソは、いきなり多忙なスケジュールをこなさねばならない。スパ6時間はF1アゼルバイジャンGPの1週間後。しかもスパのレースが終わるとすぐ翌週に、F1スペインGPが待ち構えている。

 アロンソがWECへの挑戦を決めたのは他でもない。彼はF1モナコGP、ル・マン24時間、インディ500を全て制するいわゆる”世界3大レース制覇”を目指しており、そのためル・マン24時間を含むWECへの参戦を決めたのだ。なお昨年のアロンソはモナコGPを欠場してまで、インディ500に挑戦した。

「僕は毎日エネルギーを節約している」

 そうアロンソは語る。

「僕はそれが重要であると分かっている。2週間先を考え、その2週間で必要なエネルギーを考えるんだ」

「短期的な準備ではなく、長期的なものだ。次の日曜日には100%になりたい。そしてまたスペインでの日曜日にも100%になりたい。当然、ル・マンの日曜日にも100%になる必要がある」

「トレーニングのプログラムも、そしてフライトや休息、どの飛行機に乗るか、そして何を食べるか……それは間違いなくタイトな計算だ」

「平均的に99%に保ち、ピークを迎えないようにするつもりだ」

 しかしアロンソにとって最も忙しい日々は、今月末に始まる。5月27日に決勝を迎えるモナコGPを皮切りに、ル・マンのテストデー、カナダGP、ル・マン24時間本番、フランスGP、オーストリアGP、イギリスGP……と7週連続で走ることになるのだ。

 さらにシーズン後半には、より厳しい移動スケジュールを組まねばならない。WEC富士の日程が変更されたことで、ロシア(F1ロシアGP)→日本(F1日本GP)→日本(WEC富士)→アメリカ(F1アメリカGP)→メキシコ(F1メキシコGP)と、ユーラシア大陸と日本、そしてアメリカ大陸と、次々に渡っていかねばならないのだ。

 そしてその後、11月にはブラジルGP、WEC上海、アブダビGPと、再び地球上を大移動し、シーズンを終えることになる。

 アロンソは両カテゴリーの準備に、すでにかなりの時間を費やしている。マクラーレンのファクトリーでは、通常通りF1のシミュレータに乗っているが、ドイツのケルンにあるTMGを訪れ、TS050のシミュレータにも乗っているようだ。

 アロンソはアゼルバイジャンGPの週末を前に、移動スケジュールをどう修正したのかの一例として、木曜朝の行動を明らかにした。

「目を覚ますと、僕はジムに行き、少し運動するつもりだった。でも、90%の気分だったから、何もしなかった」

 そうアロンソは説明する。

「僕はもう少しベッドにとどまって、夕方早い時間にももう一度眠る。僕はできるだけの準備をしたんだ」

アロンソの今季これからの参戦スケジュール

5月5日:WECスパ
5月13日:F1スペインGP
5月27日:F1モナコGP
6月3日:ル・マン テストデー
6月10日:F1カナダGP
6月16-17日:ル・マン24じかん
6月24日:F1フランスGP
7月1日:F1オーストリアGP
7月8日:F1イギリスGP
7月22日:F1ドイツGP
7月29日:F1ハンガリーGP
8月19日:WECシルバーストン
8月26日:F1ベルギーGP
9月2日:F1イタリアGP
9月16日:F1シンガポールGP
9月30:F1ロシアGP
10月7日:F1日本GP
10月14日:WEC富士
10月21日:F1アメリカGP
10月28日:F1メキシコGP
11月11日:F1ブラジルGP
11月18日:WEC上海
11月25日:F1アブダビGP

次の記事
レッドブルとホンダ、次戦スペインGPでも会合か?

前の記事

レッドブルとホンダ、次戦スペインGPでも会合か?

次の記事

ザウバー、テクニカルディレクターのザンダー離脱を発表

ザウバー、テクニカルディレクターのザンダー離脱を発表
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中 , Toyota Gazoo Racing
執筆者 Scott Mitchell