ヒュルケンベルグ「トップ3チームとの差は大きすぎる」

シェア
コメント
ヒュルケンベルグ「トップ3チームとの差は大きすぎる」
2018/03/31 4:03

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは開幕戦を終え、トップ3チームとの差が大きすぎることを嘆いている。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、依然トップ3チームとの差が大きすぎると嘆き、今後さらなる前進が必要だと語った。

 開幕戦オーストラリアGPを7位で終えたヒュルケンベルグ。チェッカーフラッグを受けた際、5位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)までの差は5秒弱であった。しかしながら、その前4位のダニエル・リカルド(レッドブル)との差は25秒あり、優勝したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に至っては、ヒュルケンベルグより32秒早くチェッカーを受けた。

 この結果についてヒュルケンベルグは、次のように語った。

「僕らの目標は、トップチームにもう少し近付くことだった」

 そうヒュルケンベルグは語った。

「僕らはペースをコントロールしていたわけじゃない。残念ながら、前との差は大きすぎると思う」

「でも、その差を縮める努力をしなきゃいけない。これは、僕らにとって大きなチャレンジだ」

 トップ3チームは遠いと語るヒュルケンベルグだが、彼の直前でフィニッシュしたのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。これについて尋ねられると、ヒュルケンベルグは次のように語った。

「レッドブルは最初ハースに抑えられ、その後はマクラーレンを抜けなかった。もし遮る者がいなければ、彼らはあっという間に先に行っただろう。彼らは妥協するしかなかったんだ」

「彼らは間違いなく、僕らの前にいる」

 とはいえヒュルケンベルグは、ルノーのポジションにある程度満足し、今後に期待も寄せているようだ。

「僕らは大きな野望と、高い目標を持っている。だから、去年とは違って、こういうポジションにすぐ来られるだろうと分かっていた」

 そうヒュルケンベルグは語った。

「去年の序盤、僕らは明らかに遅れをとっていた。しかし今年、こういうポジションからスタートできるのは良いことだ。逆に、フォースインディアがいるところを見れば、彼らが何かを大きく間違えたということを意味すると思う」

「僕らは、冬の間にやるべきことをやったと思う。その結果、仕事も進んだし、チームも進歩した。それはポジティブなことだったと思う。しかし、それと同時にまだもう少し良くなると思っている」

Additional reporting Erwin Jaeggi

次の F1 ニュース
ハース、フェラーリからの”違法な技術支援”疑惑を『事実無根』と一蹴

前の記事

ハース、フェラーリからの”違法な技術支援”疑惑を『事実無根』と一蹴

次の記事

マクラーレン、テストでのトラブル頻発により、マシン開発に遅れ!?

マクラーレン、テストでのトラブル頻発により、マシン開発に遅れ!?

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストラリアGP
サブイベント Sunday race
ロケーション Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース