ハートレー「新しいPUに皆が満足。ドライバビリティは素晴らしい」

シェア
コメント
ハートレー「新しいPUに皆が満足。ドライバビリティは素晴らしい」
2018/06/09 12:15

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、ホンダがカナダGPに投入したアップデート版パワーユニットに好感触を得ている。

 カナダGPに投入されたホンダのアップグレード版パワーユニット(PU)。トロロッソのブレンドン・ハートレーも、このPUから好感触を得たようだ。

 ハートレーは特に、そのドライバビリティの良さを評価しているという。

「僕が理解しているところでは、このPUの初日に何も問題がなかったため、誰もが本当に満足していた」

 そうハートレーは語った。

「信頼性の問題は何もなかった。ドライバビリティ(運転のしやすさ)も素晴らしかったんだ」

「まだチューニングしなければならないことがあるし、新しいPUからすべてを引き出そうとしているところだ。でも、すべてがとてもポジティブだったと思う」

「どう物事が進んでいるかということについて、誰もが満足している。しかし、マシンの中でこれまでとは大きく違って感じたと言えば、それは嘘を言っていることになるだろう。なぜなら、まだやるべきことがたくさんあるからだ。とはいえ、とてもポジティブなステップだ」

 カナダGPの舞台であるジル・ビルヌーブ・サーキットは、パワーが非常に重要となるサーキットである。そのためハートレーは、ホンダのPUがどれほど進歩したか、よく理解できたという。

「ここは長い直線がある、馬力が重要なサーキットだ。デプロイについても同様に重要だ。だから僕らは、とても良いステップを踏み出したように見える」

 そうハートレーは語った。

「その性能を最大限に引き出すため、エンジンだけでなく、マシンも同じように、すべてをまとめあげなければいけない。タイヤも、空力も、そしてメカニカル面も、その他のすべてもだ。誰もが、自分に課せられた小さな領域で懸命に働いている。しかし正直に言って、今日はとてもポジティブな1日だったと思う」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも、アップデート版PUについて「これまでのところすべてがうまくいっている」と語る。

「金曜日に、両方のマシンでアップデート版のPUを走らせました。そのパワーユニットは主にICE(内燃エンジン)に関連した変更を加えています。これまでのところ、すべてがうまく行っており、残りの週末に向けて励みになります」

「それとは別に、このサーキットに合わせてPUの最適なセッティングを探すための、通常の金曜日のプログラムにも取り組みました。2回のセッションはトラブルなく行われ、計画していたすべてのプログラムを完了することができました」

Additional reporting by Jonathan Noble and Oleg Karpov

次の記事
ガスリー「パワーユニットの性能向上は、モナコとは比較しにくい」

前の記事

ガスリー「パワーユニットの性能向上は、モナコとは比較しにくい」

次の記事

カナダFP3速報:フェルスタッペン首位。トロロッソのハートレー12番手

カナダFP3速報:フェルスタッペン首位。トロロッソのハートレー12番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント カナダGP
ロケーション サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中