フェルスタッペンを賞賛するロズベルグ「ハミルトンのような集中力」

シェア
コメント
フェルスタッペンを賞賛するロズベルグ「ハミルトンのような集中力」
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/06/12 6:16

2016年のF1王者であるニコ・ロズベルグは、カナダGPでのフェルスタッペンについて、ハミルトンが”熱くなった”時のように集中していたと語る。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、シーズン序盤に複数回のクラッシュを引き起こしたため、その姿勢を改めるべきだというプレッシャーが各方面から集まっていた。しかしフェルスタッペンは、自身のアプローチを変えるつもりはないと断言し、カナダGPに臨んでいた。

 今回のフェルスタッペンは無難なレースを展開。フリー走行の1〜3回目の全てでトップタイムを記録し、予選では3位、決勝でも3位表彰台を確保した。

 カナダGPでのフェルスタッペンについて語ったのは、2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロスベルグである。ロズベルグは今回のフェルスタッペンから、絶好調時のルイス・ハミルトン(メルセデス)のような勢いを感じたようだ。ロズベルグ曰く、ハミルトンは熱くなっている時こそ、最高のパフォーマンスを発揮するのだという。

「フェルスタッペン、今回は素晴らしい週末だった」

 ロズベルグは自身のYou Tubeチャンネルで、そう語った。

「彼は今週末、少しルイス・ハミルトンに似たような立ち振る舞いを見せた」

「ルイスは熱くなっている時がベストなんだ。それは信じられないほどのパフォーマンスを発揮する。フェルスタッペンは、同様のモノを今回見せたと思う。彼は最初から、この特別な集中力を持っていた」

「彼は全てのフリー走行で速かった。そして予選も素晴らしかった。さらに3位でフィニッシュした。彼にとっては良い週末だったと思う」

 フェルスタッペンのパフォーマンスを賞賛する一方で、ハミルトンはモチベーションを欠いていたようだと、ロズベルグは考えている。

「ルイスについては、週末全体を考えれば、よくあることだ」

 そうロズベルグは語った。

「確かに、レースではエンジンの問題を抱えていた。でも予選ではその問題はなかった。こういうことは、ルイスにとっては典型的なことだ。物事がうまくいかない時、彼は少しモチベーションを失うことがある」

次の記事
ボッタス、燃料不足に直面「ベッテルを追うため燃料を使い過ぎた」

前の記事

ボッタス、燃料不足に直面「ベッテルを追うため燃料を使い過ぎた」

次の記事

”同行者”を帯同せず、自力でカナダGPに臨んだフェルスタッペン

”同行者”を帯同せず、自力でカナダGPに臨んだフェルスタッペン
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント カナダGP
ロケーション サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Jonathan Noble