フェラーリ、FP2でトラブルが発生したライコネンのPU交換を決断

シェア
コメント
フェラーリ、FP2でトラブルが発生したライコネンのPU交換を決断
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/05/12 2:09

フェラーリは、フリー走行2回目でトラブルが発生したライコネンのマシンのパワーユニットを交換することを決めた。

 F1スペインGPのフリー走行2回目、開始から40分が経過した頃、ターン9を通過しバックストレートを走行していたフェラーリのキミ・ライコネンのマシンは、リヤから白煙を吹き、突如スローダウンした。ライコネンは駆動力を失い、そのまま惰性でピットを目指した。

 このトラブルによりフェラーリは、”予防策”としてライコネンの内燃エンジン(ICE)、ターボチャージャー、MGU-Hを交換することを決断。FP3と予選に挑むことになった。

 ライコネンがこれらのパーツを交換するのは今シーズン初のため、グリッド降格ペナルティを受けることはない。

 交換されたコンポーネントはファクトリーに戻され、詳細なチェックを受ける。そしてその後、再利用可能だとみられている。

次の記事
ランキング首位のハミルトン「現時点での選手権リードは重要ではない」

前の記事

ランキング首位のハミルトン「現時点での選手権リードは重要ではない」

次の記事

フォースインディア、ペレス車のホイールナット不具合で65万円の罰金

フォースインディア、ペレス車のホイールナット不具合で65万円の罰金
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell