タイヤの”作動温度領域”に苦労する各陣営。ガスリー「Q1は混沌」

シェア
コメント
タイヤの”作動温度領域”に苦労する各陣営。ガスリー「Q1は混沌」
2018/05/12 5:15

スペインGPでは、各車がタイヤの狭い作動温度領域に苦労。トロロッソ・ホンダのガスリーは、Q1が混沌とすることを予想している。

 F1スペインGPの金曜日、各ドライバーはタイヤの扱いに苦労した。その作動温度領域に入れるのが、非常に難しかったのだ。

「タイヤの作動温度領域は、大きな話題だ」

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはそう語った。

「ドライバーズブリーフィングで、再びそれについて話した。誰にとっても難しいようだけど、パフォーマンスに大きな影響を与える。タイヤを変えると、時に0.4〜0.5秒速く走ることができるんだ。しかしアウトラップでトラフィックに引っかかってしまうと、プッシュすることができず、最終的にはタイヤが作動温度を外れてしまい、マシンは全く違った感じになるんだ」

「タイヤがどう働くかは、パフォーマンスとマシンバランスの面で大きな部分を占める。だから、それはかなり大きな話題だ」

 ガスリーはタイヤの温度管理について、さらに詳しく説明した。

「5℃の違いが、非常に大きな違いを生むことになる。そして、非常に多くの要因があるから、常に正しい温度に維持するのは非常に難しいんだ」

「多くのことが起こる可能性がある。イエローフラッグが出たり、誰かがコースに出てくると、その周の序盤にペースを落とさなければならない。それでタイヤが冷えてしまうんだ。その周の残りで回復できないほどにね」

「多くのドライバーが最後のセクターでペースを落としている場合、そこに到達してしまえば、タイヤは作動温度を外れてしまう……。今日、僕はそういう問題に遭遇してしまった。最終セクターのターン10に辿り着いた時、僕の前には4台のマシンが走っていた。僕のタイヤが目標の温度に入っていたが、それを維持するには、プッシュし続けなければいけなかった。でも(前にマシンがいたから)ペースを落とさなければならず、タイヤの温度が下がった状態で周回を始めなければならなかった。だから、最初のセクターでは非常に苦労した」

「作動温度が本当に狭すぎるから、それを大きくしたいと思っている。でも、今は誰もが同じ状況だ。だから今あるタイヤを使って仕事をするだけだ」

 この件についてピレリと話をしたのかと尋ねられたガスリーは、次のように語った。

「僕らはピレリと話し合いをした。今年のタイヤについて少し話をし、そして彼らに何ができるかを話し合ったんだ。それが、ドライバーズブリーフィングで話し合われたことのひとつだ」

「それがあまりにも影響がありすぎるということに、誰もが同意したと思う。前のクルマに続いて走ってタイヤの温度を上げると、作動温度の領域がとても小さいので、それを超えてしまうこともある。そうすると、あまりにも多くのパフォーマンスを失ってしまうことがある」

「だから、5コーナー以上誰かの後ろについて走ることはできない。つまりそれはオーバーテイクを減らすことになる。もちろん、レースでも……」

 この状況を変更する必要があると思うかと尋ねられたガスリーは「もちろんだ」と答えた。

「それが、僕らが推し進めようとしていることのひとつだ。多くのアイデアがあるが、開発や時間の問題もある。僕らにできることは、フィードバックやアイデアを彼ら(ピレリ)に伝えることだ。うまくいけば、そこから彼らは作業を進めることができるだろう」

 タイヤの温度を管理するのが難しいということは、当然予選結果にも大きな影響を及ぼす可能性がある。これについてガスリーは、特にQ1が難しいことになるだろうと考えている。

「Q2とQ3は大丈夫だろう。しかしQ1は混沌とすることだろう。僕はエンジニアと話し合い、これを改善するための方法を見つけようとしている。しかし、誰もがコース上で空いているところを見つけようとすることは分かりきっている」

「他のマシンの後ろについてしまった時、できるだけ多くのギャップを作ろうとする。そのために彼らは減速して、4〜5秒を得ようとしているんだ。隊列の後ろに入ってしまえば、とても冷えたタイヤでアタックを始めることになる。それは不可能なことだ。だから僕らは、いつもよりもずっと早くピットを離れることになるだろう。そして、隊列を率いる位置にいることを確実にするだけだ」

「しかし、アタックラップがうまくいっても、最終セクターで、アタックの準備をしているマシンの後ろに追いついてしまう可能性もある。それは簡単な状況じゃない。しかしQ1では、トラフィックを管理するのはとても重要だ」

Additional reporting Scott Mitchell

次の F1 ニュース
F1開催を目指すマイアミ市長「F1はスーパーボウル10年分と同じ価値」

前の記事

F1開催を目指すマイアミ市長「F1はスーパーボウル10年分と同じ価値」

次の記事

ハミルトン、フェラーリは”実力を隠している”と警戒。タイヤにも言及

ハミルトン、フェラーリは”実力を隠している”と警戒。タイヤにも言及

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース