F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

グロージャン、1周目多重クラッシュの責任を問われ次戦3グリッド降格

スペインGP決勝の1周目で多重クラッシュの原因を作ったグロージャンは、次戦3グリッド降格のペナルティを科せられることになった。

グロージャン、1周目多重クラッシュの責任を問われ次戦3グリッド降格

 ハースのロマン・グロージャンは、スペインGPのスタート直後に起きた多重クラッシュの責任を問われ、次戦モナコGPで3グリッド降格ペナルティを科せられることになった。

 グロージャンはスタート直後の3コーナーでアウトに膨らみ、そのままコントロールを失ってスピンしてしまった。スピンしたグロージャンはコースを塞ぐような形となり、後続のマシンの進路を妨害することとなった。

 このグロージャンには、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが激突。3台のマシンは大破し、リタイアを余儀なくされた。またこの影響で長いセーフティカーランとなった。

 元F1ドライバーのデレック・ワーウィックらで構成される今回のレースのスチュワードは、グロージャンに次戦3グリッド降格ペナルティと、ペナルティポイント2を与える裁定を下した。スチュワードは、スピンからリカバーしようとしたグロージャンの動きは間違っていたとの判断を下したのだ。

 なお、グロージャンのペナルティポイントは、これで累積5ポイントとなる。

「スピンした勢いで、コースの中心に戻ってしまうと感じていたと、ドライバーはスチュワードに説明した。そのため、コースの右側に横断するため、パワーをかけるという決断を下し、そして後続のマシンは避けられると思っていたようだ」

 スチュワードは声明でそう語った。

「しかしコースを横断する際に、彼は27号車と10号車の走行ラインに入ってしまった」

「ドライバーは、後続のマシンを避けるためにコースを横断することを決めたこと、そしてそれが最高の選択肢だと感じていたと、スチュワードに語った」

「他の選択肢を選んだのであれば、そのドライバーのクルマがどうなったかということについては疑問ではあるものの、後続の集団がやってくるにもかかわらずコースを横切ることに決めた彼の判断により、衝突が起きたということは明らかだ」

「さらにビデオを見直すと、彼がコースを横切る決断をした際、すでにコースの左側のラインを走り、コースからほぼ完全に離れていたこと確認した」

 グロージャンは、スピンし始めてしまった際には、クラッシュを避けるためにできることは何もなかったと語っている。

「それほどできることがあったとは思わない」

 グロージャンはそうスカイスポーツに語った。

「もしブレーキをかけていたとしても、マシンは同じようにスライドしてしまっただろう」

「誰かと正面衝突しないよう、スピンし続けるためにスロットルをオンにし続けた。それは人間として普通の反応だ。しかしマシンが前に進み始めたから、それはとても難しかった」

 事故に巻き込まれた形のヒュルケンベルグは、グロージャンの行動を「気に入らない」と語った。

「今回のシナリオでは、彼は素晴らしいとは見えなかった」

 ヒュルケンベルグはBBCラジオにそう語った。

「今週末、彼はたくさんスピンしたかったらしい。しかし1周目の事故は、周りにいたマシンからすれば良いことではなかった。彼は今回の件から学ばなければならない」

 もうひとり、事故に巻き込まれたガスリーは、グロージャンがもしブレーキをかけていたら違う結果になった可能性があると語ると共に、恐ろしい事故だったと振り返った。

「彼は完全に横向きだったし、煙のせいで僕にはよく見えなかった」

 そうガスリーは語った。

「衝突する直前、僕には彼が完全に止まっているのが見えた。そして、行くところはどこにもなかった。そしてその衝撃はかなり大きかった」

シェア
コメント
表彰台を逃したベッテル「ステイアウトという選択肢はなかった」

前の記事

表彰台を逃したベッテル「ステイアウトという選択肢はなかった」

次の記事

フェルスタッペン、ダメージを負ったウイングでも「問題なかった」

フェルスタッペン、ダメージを負ったウイングでも「問題なかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Matt Beer