F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
9 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
16 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
51 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
65 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
93 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
100 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
114 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
121 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
135 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
149 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
156 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
170 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
184 days

どうなるフォースインディア? トランスポーターからロゴ排除

シェア
コメント
どうなるフォースインディア? トランスポーターからロゴ排除
2018/08/23 11:09

管財人の管理下に置かれた後、新たなオーナーの下参戦継続を目指すフォースインディアだが、ベルギーGPにはチーム名のロゴが排除されたトランスポーターで乗り込んでいる。

Force India F1 trucks
Force India F1 garage meeting
Force India F1 garage meeting
Force India F1 sponsor board
Esteban Ocon, Force India VJM11

 管財人の管理下に入っていたフォースインディアのトランスポーターがベルギーGPの舞台であるスパ・フランコルシャンに登場。そのトレーラー部からは、チームののロゴが排除されている。

 財政難に見舞われ、管財人の管理下に置かれることとなり、その将来が危ぶまれていたフォースインディア。しかしカナダの大富豪であるローレンス・ストロール率いる投資家連合の救済申し入れを管財人が受け入れ、チームの存続がほぼ確実視されていた。

 しかし、前オーナーのビジェイ・マリヤらが関係する法的問題など、様々な問題が複雑に絡み合っており、それらの整理を管財人の指定した期限内に完了することができなかったと言われる。

 そのためストロールらのコンソーシアムは、チームのマシン、ファクトリー、レースに必要な財産を買収。”フォースインディア”が持つのは参戦権のみという状況となっていた。

 そんな中でも、チームはベルギーGPに出走すべく、スパ・フランコルシャンで準備を整えている。そして、パドックに搬入されたフォースインディアのトランスポーターからは、チームのロゴが一切排除されているのが確認できる。

 チームは今回のベルギーGPから、名称も含め新たなアイデンティティで参戦することを目指している。しかし、この処理がうまくいかなかった場合でも、”フォースインディア”としてレースに出走できると考えられている。

次の記事
”激動”の夏休みを終え……どうなる来季のF1ドライバーラインアップ

前の記事

”激動”の夏休みを終え……どうなる来季のF1ドライバーラインアップ

次の記事

レッドブル、フェラーリ型の”開口部付き”リヤビューミラーを採用

レッドブル、フェラーリ型の”開口部付き”リヤビューミラーを採用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
チーム フォースインディア