ガスリー、カナダGPへの期待を語る「コーナーは少ないけど難しい」

シェア
コメント
ガスリー、カナダGPへの期待を語る「コーナーは少ないけど難しい」
2018/06/05 7:51

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、今週末に行われるF1カナダGPへの期待を、チームのプレスリリースに語った。

 今週末に開催されるカナダGP。今季のF1も、いよいよ北米での開催となる。

 モナコGPで7位に入ったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、そのカナダGPへの意気込みを、チームのプレスリリースに語った。

「僕はこれまでの人生で、カナダに一度も行ったことがない。でも、素晴らしい雰囲気があり、街も素敵だから、シーズン最高のイベントのひとつだと、皆が口々に言うんだ。だから僕はそれを自分自身で体験するのを、楽しみにしている」

 ガスリーはそうカナダへの期待感を膨らませる。一方、レースにはどんな機体をしているのだろうか? ガスリーは次のようにコメントしている。

「このサーキットは長い直線区間があり、とてもエキサイティングに見える。オーバーテイクのチャンスもあるだろう」

 そうガスリーは語った。

「ここは壁が遠くに離れることがないから、とても複雑なコースだ。そして最後のシケインには、有名な”チャンピオンズ・ウォール”がある」

「トップスピードを稼ぐために、ここではダウンフォースを削ることになる。それは、マシンをドライブするのが簡単ではないことを意味する。たくさんのコーナーがあるわけじゃないけど、ドライブするのは難しいコースなんだ。でも、多くの人にとってはお気に入りのコースみたいだから、楽しみにしている」

 ガスリーはフランス人。そしてモントリオールがあるケベック州の公用語は、フランス語である。

「もちろん、僕はフランス語を話す。だから、モントリオールの人たちは、僕の言うことを理解してくれるだろう。話すアクセントや語彙には、少し違うことがあるけどね!」

次の F1 ニュース
FIA、カナダGPで3つ目のDRSゾーンを設定しオーバーテイク促進

前の記事

FIA、カナダGPで3つ目のDRSゾーンを設定しオーバーテイク促進

次の記事

メルセデス代表「バーニー時代と同じ収入を維持することは難しい」

メルセデス代表「バーニー時代と同じ収入を維持することは難しい」

この記事について

シリーズ F1
イベント カナダGP
ロケーション サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース