F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

ガスリー、次戦モナコへの期待を語る「僕らには良いパッケージがある」

シェア
コメント
ガスリー、次戦モナコへの期待を語る「僕らには良いパッケージがある」
2018/05/15 9:32

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、いよいよ次戦に迫った伝統のモナコGPについて、意気込みを語った。

 スペインGPの決勝レース、1周目にロマン・グロージャン(ハース)のスピンに巻き込まれる形でせっかくの予選結果を棒に振り、リタイアすることになってしまったトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー。ポイント獲得の可能性も見えていただけに、この結果を悔しがるガスリーだったが、すでに次戦に目を向けている。次の舞台は、シーズン中最も大きな注目が集まると言っても過言ではない、モナコGPである。

 モナコGPを楽しみにしているかと尋ねられたガスリーは、開口一番「もちろん!」と答えた。

「レースが終わった直後だし、次のレースへの期待を語ることにあまり意味はない。でも、ブレンドンのレース終盤のペースは、非常にしっかりしていた。そして、すぐにテストもある」

 そうガスリーは語るが、今年のマシンについてまだまだ理解しなければいけないことが多くあるという。

「セットアップや僕らのパッケージなど、まだいくつかのことについて疑問点が残っている。それを解決するために、テストではかなり忙しいプランがあることは知っている。そして、水曜日には僕がドライブを担当する」

 スペインGPの決勝レースを全く走れなかったガスリーにとって、このテストでのドライブは実に貴重だ。

「今日走れなかった周回数を、取り戻すことができたらいいと思っている。そしてシーズンのこの時期に、走行距離を稼ぐことができるのは良いことだ」

「まだ第5戦目。僕らはパッケージについて学び続けている。もっと快適にドライブするために、そしてもっと多くのパフォーマンスを引き出すために、マシンのチューニングのようなモノを見つけることができたら、それは素晴らしいことだろう」

「モナコはバルセロナとは大きく異なるコースだ。そこでどんなことができるのか、実に興味深い。もう2週間しかないんだ」

 ただそのモナコGPについて、ガスリーは高い期待を持っているようだ。

「正直に言って、ドラッグという面では、僕らはかなり良い立場にある。今週末(スペインGP)では、僕らはコーナーでかなり速かった。僕らのマシンは、あまりにもドラッグが大きいようで、ストレートで失っている。その妥協点を見つけることができるかどうかを、確かめる必要がある」

「今週末のマシンに関しては、とても満足だった。最終セクターのテクニカルな部分では、僕らは常にトップ10に入っていた。だからとても良いパッケージがあると思う」

「もう少しダウンフォースを減らして、もっとストレートを重視するべきなのか……それは分からない。これをもっと理解するために、数多くのテストを行うんだ」

「しかし、今週末のマシンにはポテンシャルがあった。僕らには明らかに、中国やバクーと比べてパフォーマンスが高かったんだ。うまくいけば、僕らはモナコでもそれを発揮することができるだろう」

 スペインGPでのラップタイムは、軒並み速くなった。そして次戦モナコでも、大幅に速くなったF1を見ることができると、ガスリーは考えている。

「コーチと話していたんだ。2014年の(スペインGPの)ポールポジションタイムは、1分25秒3だった。今年は1分16秒1……つまり4年前より9秒も速いんだ。グリップが増し、パワーも上がっている今のF1は、すべてを引き出してドライブできるだけで、素晴らしいんだ」

 そうガスリーは語る。

「モナコでもすごく速く感じるだろう。ハイパーソフトタイヤも、初めて使う事になるしね。予選では、ただでさえたくさんのアドレナリンが出る。でも今年のスピードをもってすれば、再びレコードを更新するだろうし、特別なことになるだろう」

 ガスリーはモナコでの目標について、トップ10を争うことだと述べた。

「うまくいくことを願っている。モナコは本当に特別な市街地コースであることは分かっているけど、ここ数年のトロロッソはかなり速かったと思う。バクーも同じ市街地コースだけど、僕らは苦戦した。でも、モナコとは全く異なるコースだ。しかも、モナコは僕が本当に好きなコースのひとつだ。だから、僕らに十分な速さがあって、トップ10を争えることを願っている」

Additional Reporting by Filip Cleeren

次の記事
ハミルトン、マイアミのコース案に納得せず「アドバイスできれば幸い」

前の記事

ハミルトン、マイアミのコース案に納得せず「アドバイスできれば幸い」

次の記事

バルセロナテスト初日午前:グロージャン最速。視認性強化ライト登場

バルセロナテスト初日午前:グロージャン最速。視認性強化ライト登場
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント モナコGP
ロケーション モンテカルロ
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中