F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
イベント 進行中 . . .
14 8月
次のセッションまで……
6 days
28 8月
次のセッションまで……
20 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
27 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
34 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
48 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
62 days
23 10月
次のセッションまで……
76 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
84 days

ガスリー「トロロッソの最大の問題は、ストレートスピードの欠如だ」

シェア
コメント
ガスリー「トロロッソの最大の問題は、ストレートスピードの欠如だ」
執筆:
翻訳:: 田中 健一
2018/07/09 3:00

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、ライバルと比較してマシンのトップスピードが遅いことに嘆いている。

 トロロッソ・ホンダにとってイギリスGPは厳しい週末となった。

 ブレンドン・ハートレーは、フリー走行3回目に左フロントサスペンションが突如壊れるというトラブルに見舞われ、大クラッシュ。決勝までにマシンの修復は完了したものの、PUのコネクタが緩んでいたために、早々にリタイアせざるを得なかった。

 一方のピエール・ガスリーは、サバイバル戦となったレースを生き残り、10番手でフィニッシュ。しかし、セルジオ・ペレス(フォースインディア)との接触の責任を問われ、13位降格の処分を受けることとなった。

 そのガスリーは、マシンの性能には満足しているものの、トップスピードの遅さを嘆いている。

「マシンは素晴らしかった。でも現時点では、長いストレートでは多くのタイムを失っている」

 そうガスリーは予選後に語っていた。

「今回のように、ターン1とターン9を全開でクリアするコースでは、僕らは苦労している」

「僕らはここで、フォースインディアやザウバーに比べて0.9秒失っている。だから、戦うのは非常に難しい」

「GPSのデータを見れば、コーナーでは僕らの方が速いし、とても良いように見える。でも、現時点ではストレートでは本当に遅い」

 ガスリーは予選で14番手につけたことは、予想以上だったと語った。

「Q2に進出できたのには驚いた。今週末が始まって以降、ストレートでは多くの時間を失っていたからだ」

「コーナーで0.9秒を取り戻すことはできない。最終的には良い1日だったけど、レースは難しいだろう」

「現時点で僕らは、ストレートスピードを見つけてこなきゃいけない」

「(タイムを失っているのは)フルスロットルで、ステアリングをまっすぐにしている時なんだ。だから、僕にできることはあまりない」

「マシンの面で、もっと多くのポテンシャルを引き出せるとは思わない」

「もちろん、アップグレードを理解できていないということもある。うまくいけば、シャシーからより多くのパフォーマンスを引き出せるはずだ。でも現時点では、僕らにとっての最大の問題はストレートスピードだ」

Additional reporting by Oleg Karpov

ベッテル、メルセデスが勘ぐる”計画的接触”疑惑を一蹴「かなり愚かな考えだ」

前の記事

ベッテル、メルセデスが勘ぐる”計画的接触”疑惑を一蹴「かなり愚かな考えだ」

次の記事

フェルスタッペン、レッドブルの直線スピードの遅さを”悲劇”と嘆く

フェルスタッペン、レッドブルの直線スピードの遅さを”悲劇”と嘆く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 Glenn Freeman