ホンダF1パワーユニット展示会が氏家駅前でスタート。3基が揃い踏み

シェア
コメント
ホンダF1パワーユニット展示会が氏家駅前でスタート。3基が揃い踏み
2018/09/11 3:49

ホンダのF1パワーユニット展示会がJR東北本線氏家駅前で始まり、RA615H〜RA617Hまでの3基が一堂に揃った。

 JR東北本線氏家駅前”さくらテラス駅前展示館”で、Honda F1パワーユニット展示会『挑戦し続けるDNAの形』がスタート、初日から多くのF1ファンが訪れている。

 この展示会は、栃木県さくら市の”市内立地企業紹介企画展”として行われたもの。ホンダのF1パワーユニット開発拠点である”さくら研究所”が市内にあることで実現した。

 この展示会には、既報の通りホンダのF1パワーユニット”3年分”、RA615H(2015年)、RA616H(2016年)、RA617H(2017年)が並べて展示されており、その進化の度合いを伺うことができる。特にRA617Hはそれまでの2年とはコンセプトを変更しているため、その違いを見比べられるというのは、実に貴重な経験となるだろう。

 この展示会は本日9月11日(火)からスタート。27日(木)までの期間限定で行われ、連日9時から18時の間公開されている(月曜日は休館)。

次の F1 ニュース
マクラーレン「”極めて競争力のない”マシンに奇跡は期待できない」と悲嘆

前の記事

マクラーレン「”極めて競争力のない”マシンに奇跡は期待できない」と悲嘆

次の記事

サインツ、ルノーのPU開発に自信「メルセデスやフェラーリに並ぶはず」

サインツ、ルノーのPU開発に自信「メルセデスやフェラーリに並ぶはず」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント さくら市Honda F1パワーユニット展示
記事タイプ 速報ニュース