ハートレー、モナコでの”戦い”に手応え「初日はとても有望な結果」

シェア
コメント
ハートレー、モナコでの”戦い”に手応え「初日はとても有望な結果」
2018/05/24 22:36

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1でモナコを初体験。その初日をポジティブな状況で終えた。

 木曜日から始まったF1モナコGP。その初日、トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーはフリー走行1回目を12位、2回目を11位で終えた。

 ハートレーはF1デビュー以来、初のモナコ挑戦である。

「本当にポジティブな1日だったし、F1マシンで初めてモナコをドライブするのは最高だ!」

 そうハートレーは、チームのプレスリリースにそう答えた。

「ここで走るのは、本当に特別な感じだ。壁から壁まで、踊っていくような感じなんだ」

 パフォーマンスについても、ポジティブに捉えているようだ。

「パフォーマンスの面で言えば、僕はすぐにハイパーソフトでトップ10に入ったと思う。朝のセッションを12位で終えたが、僕は硬めのタイヤ(ウルトラソフトタイヤ)で走ったので、ポジティブに見えた。午後には、ハイパーソフトタイヤを履いて11番手だった。これは有望な結果だ。でも前のクルマにも、後ろのクルマにもとても近い」

 予選での目標はQ3進出だと、ハートレーは断言する。

「僕らは明らかに戦いの中にいるし、目標はQ3に進出することだ。トラフィックは難しいが、予選では賢明な戦略を立てなければいけない。そして、少しだけでも幸運が訪れると良いね!」

 トロロッソは今回のモナコに、新しいアップデートを持ち込んでいる。

「ピエール(ガスリー)がこの日の2セッションで走らせた新しいエアロパーツを手にすることができて嬉しい。チームは、ここにアップデートを持ち込むために、素晴らしい仕事をした。僕らは今、出来る限り良いグリッドを手にするために集中している」

次の記事
【動画】F1第6戦モナコGPフリー走行2回目ハイライト

前の記事

【動画】F1第6戦モナコGPフリー走行2回目ハイライト

次の記事

ホンダ、大混戦の中団争いを覚悟も「良い予選と決勝を戦えると感じる」

ホンダ、大混戦の中団争いを覚悟も「良い予選と決勝を戦えると感じる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント モナコGP
サブイベント 木曜日 フリー走行2回目
ロケーション モンテカルロ
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
Be first to get
breaking news