ガスリー、完璧なタイヤマネジメントで7位「ものすごくハッピー!」

シェア
コメント
ガスリー、完璧なタイヤマネジメントで7位「ものすごくハッピー!」
2018/05/27 21:32

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、モナコGPで7位入賞。初挑戦の難コースを攻略してみせた。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1で初挑戦したモナコGPで、7位入賞という好結果を手にした。

 ガスリーは10番グリッドからスタート。ハイパーソフトタイヤで誰よりも長い37周を走ると、レース後半にはニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の猛攻を凌ぎ切った。

「初めてのモナコGPで、僕自身2回目入賞を果たすことができた。正直言って、素晴らしいレースだった」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「10番手からスタートするのは、難しいことだとは僕らも分かっていた。しかし、マシンはとても速かった」

 ハイパーソフトを長持ちさせることができた理由、それについてガスリーは次のように語った。

「僕はレース序盤から、タイヤを慎重に扱っていた。そしてコース上でひとりになった時には、全開で走ることができた。マシンの感じはとても良かったんだ」

「ピットインを行った後、ライバルの前に出ることができた。そしてヒュルケンベルグを後ろに抑えておくために、懸命に闘った。モナコではオーバーテイクするのが難しいことが分かっていたからね」

「僕はただ集中力を保つように努めた。そして、タイヤはもうかなり使ってしまっていたから、ミスを犯さないようにしたんだ。簡単なことじゃなかったけど、僕らは7位でフィニッシュすることができた。ものすごくハッピーだ!」

次の F1 ニュース
トロロッソ代表「ガスリーは素晴らしい仕事をした。戦略も正しかった」

前の記事

トロロッソ代表「ガスリーは素晴らしい仕事をした。戦略も正しかった」

次の記事

アロンソ、今年のモナコGPは「史上最も退屈なレース」だとがっかり

アロンソ、今年のモナコGPは「史上最も退屈なレース」だとがっかり

この記事について

シリーズ F1
イベント モナコGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ロケーション モンテカルロ
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース