MotoGP王者マルケス、トロロッソのマシンでF1”走行”デビュー!

MotoGP最高峰クラスで4度王者に輝いているマルク・マルケスが、トロロッソのカラーリングが施されたRB8でF1ドライブを初体験した。

 MotoGP最高峰クラスで4度のチャンピオンに輝き、今年もランキング首位に立っているマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が、6月5日(火)にオーストリアのレッドブル・リンクで、F1マシンを初めてドライブした。このマシンは、トロロッソ・ホンダのカラーリングに塗り替えられたレッドブルRB8で、マルケスはこの日43周を走破した。

 この日の走行は大きな注目を集め、レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコやレッドブル総帥のディートリッヒ・マテシッツ、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長、メルセデスのノン・エクゼクティブ・チェアマンであるニキ・ラウダらが見守る中、マルケスは走った。なお、マルケスは走行前に元F1ドライバーのマーク・ウェーバーからアドバイスを受けた。

 ラップタイムは公式には発表されなかったものの、motorsport.comの計測によれば、1分14秒9がベストタイム。また別の周では、最終コーナーでスピンするまで、それ以前より0.6秒ほど速いペースで走っていたのが確認できている。

 ちなみに、マルケスの最速タイムは、昨年のオーストリアGPでバルテリ・ボッタス(メルセデス)が記録したポールポジションタイムよりも10秒以上遅いものだった。しかしながらマルケスが走らせたマシンは2012年のショーカーであり、タイヤはピレリのデモ用ハードタイヤ、しかもKERS非搭載のV8エンジンというものだった。また、DRSも作動させていない。

 ちなみに2014年のフェリペ・マッサ(当時ウイリアムズ)のポールポジションタイムと比較すると、6秒落ちというところまで迫ってくる。

「今日は1日中ずっと笑顔だった! 素晴らしい経験だった」

 マルケスは走行後にそう語った。

「F1マシンをドライブするのは、初めての経験だった。でも、素晴らしいことだった。これまで、僕はF1マシンを走らせたことがなかった。F3マシンに乗ったことはあったけど、もてぎをたった2周走っただけだったんだ」

「昨日、僕はとても緊張していた。今朝もね。だから全然眠れなかったよ。レースの週末よりも、うまく眠れなかったかもしれない。でも一歩ずつ、楽しむための方法を探そうとした。それがとても良かったんだ」

「みんな、初めて乗るわりには悪くないといった。今のところペースは遅かったけど。でも少しずつ物事を理解し、少し楽に走れるようになった」

「今日のことは、一生忘れることがないだろう」

 コーチ役を務めたウェーバーは、マルケスに教えることができたのは、とても名誉なことであると語った。そして、マルケスの学習スピードは「非常に印象的」だったという。

「印象的だった。マルクは明らかに、2輪の世界では最高のライダーだ。そして、その彼がF1に乗りにやってきた。それぞれのカテゴリーは、ラップタイムの出し方が全く違う」

 そうウェーバーは語った。

「F1マシンには大きなダウンフォースがある。そのため、コーナリング中に多くのグリップを得ることができる。また視線が変わるほど、座る位置も異なっている」

「ものすごく印象的な朝だった。彼は少しずつ(タイムを)削り取っていった。ブレーキングエリアや、高速コーナーでだ。そして今、彼はラップタイムをまとめるための最後の部分に入っている」

「ここにいられたことを、非常に光栄に思う。彼のドライブは素晴らしかった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , MotoGP
ドライバー マルク マルケス
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース