目指すは”勝てる体制”。レッドブル・ホンダ誕生の可能性は?

シェア
コメント
目指すは”勝てる体制”。レッドブル・ホンダ誕生の可能性は?
赤井邦彦
執筆: 赤井邦彦
2018/05/19 1:13

来季はレッドブルにもパワーユニットを供給すると噂されるホンダ。実現の可能性はいかほどか? ホンダの山本モータースポーツ部長に訊く。

 今季からトロロッソにパワーユニット(PU)を供給しているホンダ。そして来シーズンからは、レッドブルにもホンダ製のPUが搭載されるのではないかと言われていて、アゼルバイジャンGPの際にはそれに向けた初めての会合が行われたということを、レッドブル側もホンダ側も認める発言をしている。

 では、実際の状況はどうなっているのか? ホンダの山本雅史モータースポーツ部長に尋ねると、次のように説明した。

「(レッドブルの)ヘルムート・マルコさんとは、非常にポジティブな、良いコミュニケーションができています」

 そう山本部長は語る。

「ただ、レッドブルと仕事するということは、我々ホンダとしても非常に覚悟のいるところです。ですから、我々は経営メンバーともこれについて議論していますし、マルコさんともその部分についての理解を深めています。レッドブルはトップチームですし、今年も勝っているチームです。その彼らを、我々のエンジンで勝たせたいし、我々も勝ちたいと思っています。そのために、マルコさんと協議を進めています」

「レッドブルが、ルノーと我々を天秤にかけているのは事実ですし、そこは明らかにされています。一方で、我々もレッドブルと組むからには責任がある。今年トロロッソと組んで、2戦目で4位になれたことで、次のステージに進みやすくなりましたが、ただその後の2戦で良いパフォーマンスを残せなかったことで、トントン拍子に行かなかったのも事実です」

「レッドブルは勝ちたい。そしてホンダとしてもレッドブルと組むことの責任とプレッシャー……そのあたりをうまく融合させるために話をしています」

「レッドブルに供給が決まった場合を考えて、スタッフの増員を検討しています。今トロロッソのプロジェクトを見ている田辺は、2チーム供給の全体の責任者になると思います。その下に、それぞれのチームを担当する責任者を置くことになるはずです。いま、その準備中です」

「レッドブルとトロロッソの2チームにPUを供給することになると、我々の組織も大きくなりますが、可能な限りコンパクトにしようと考えています。特にマネージメント、コミュニケーション面はそうしたい。それが我々にとってもプラスになると思います。それは、さくら研究所でのマネージメントが鍵になるでしょう」

ホンダ側の準備が、まだ不足していた

 マクラーレンやレッドブルと比べれば、トロロッソはトップチームとは言えない小規模なチームである。そういった規模のチームと組んだのは、将来に向けビッグチームと組むための第一歩だったのか? それを尋ねると、山本部長は「そんなことは思っていない」としつつも、次のように説明した。

「そこは、ホンダがちゃんとできていないんですよ。我々は、PUメーカーとしては4番目なんです。それは明らかです。(創業者の)本田宗一郎さんがそれを聞いたら、『ふざけるな! お前らっ!』と言って怒鳴られていたと思います。本来なら、会社の経営陣がサーキットに来て、全員に向けて怒鳴るくらいのパワーが欲しいです」

 マクラーレンとの3年間はうまくいかなかった。これについて山本部長は、次のように語った。

「そもそも、マクラーレンとやるということは、近道だったと思います。ドライバーもワールドチャンピオンがふたりでしたし、マクラーレンも優秀なチームだった。だから、選択が間違っていたとは思いません。ただ、そういう大きなチームとやるには、ホンダ側の準備ができていなかったと思います。ホンダ側と、マクラーレン側のバランスが取れていなかった。それが見えていなかったということが、ボタンをかけ違ったところだと思います」

「マクラーレンとやればなんとかなるんじゃないかと、そういう気持ちもあったと思います」

「レッドブルと組む時には、マクラーレンと同じ状況になることはありません」

ホンダのPUに”バッジ”が付くのは受け入れられない

 では実際にレッドブルと組むことになったら、トロロッソとの関係はどうなるのか? トロロッソとホンダは現在、ワークス契約を結んでいる。

「私はトロロッソと契約しているということをリスペクトしたいし、それはトストさんとも話しています。それを大きく変えるつもりはありませんが、レッドブルと契約できた場合の契約の仕方については、実は今考えているところです。でも幸いなことに、レッドブルとトロロッソは同じグループじゃないですか? それも含め、マルコさんと話をしています」

 今年のレッドブルには、タイトルスポンサーとしてアストンマーチンがついている。アストンマーチンも自動車メーカーであり、ポジションはホンダと被る。しかしホンダとしては問題ないと、山本部長は語る。

「アストンマーチンのヴァンテージは、車格としてはNSXと一緒ですから、議論はしました。でも、アストンマーチン・レッドブル・レーシングという名前は変わらないですし、私はあまりこだわるつもりはありません」

「ただ、個人的には、ホンダのエンジンにタグホイヤーのバッジがつくというのは受け入れられない。もちろん、タグホイヤーという時計メーカーが、チームのスポンサーにつくということについては問題ないです。とにかく、最終的にどうなるかは分かりませんが、アストンマーチンやタグホイヤーの件については、私とマルコさんの中では非常にクリアになっています」

レッドブルとホンダで”勝てる体制”を目指せるか?

 とにかくレッドブルは”勝てる体制”を築くことを目指しており、その姿勢に、山本部長は感銘を受けていると語る。

「レッドブルって凄いなと思うのは、勝つためにどうすればいいかという話しか出てこないということです。嬉しいです。基本の部分では我々も勝ちを目指していますが、まだ実力が伴っていません。でも、マルコさんと話をすると、”勝つためにどうするか”という議論になるのが、ごく当たり前のことだった。そういう意味では、すごくピュアなんですよ」

 巷では、ホンダとルノーがアップデート版PUを投入するカナダGPまで、レッドブルはその結論を先送りにしようとしていると言われる。これは至極まっとうなことだと、山本部長は考えているようだ。

「とにかく彼らはレースに勝ちたい。そのためには、ホンダもルノーもアップデートをしてくるというタイミングで、両者の将来性を見極めたいというのが、本当のところだと思います」

 ただ、ホンダと組めばワークス待遇が手に入る。しかしルノーには自社チームがあるため、決して同じような待遇を得ることができない。

「私が考えても、性能が同レベルだったら、ホンダを選ぶと思います。向こう(ルノー)にはワークスチームがあるわけですから。少なくとも同レベルにあること、それをレッドブルは見極めたいんでしょうね」

「モータースポーツって、継続することの強みがあります。しばらく退いていたことで、レギュレーションを決めたりする話し合いの場でも、ホンダの発言力は弱くなっていた。そういう根回しなど、事前準備の部分も含めてホンダが強くなるということが、レッドブルと組む上では重要です」

 ちなみに山本部長は、ホンダが自社単独のF1チームを持つ可能性について、「現時点ではない」とキッパリと否定している。

 山本部長の言葉を冷静に聞けば、ホンダはすでにレッドブルとの提携を前提にプログラムを進めていることが伺える。F1のトップリストに名を連ねるにはトップチームと手を組むことの重要性は明白。マクラーレンで払ったツケを取り戻すには、レッドブルとの提携は必須だ。ホンダはその実現に向けて最後の調整をしているとみていいだろう。

次の F1 ニュース

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル, トロロッソ
執筆者 赤井邦彦
記事タイプ 速報ニュース