次のF1規則には、戦力が拮抗するような”制限”必要とマクラーレン主張

マクラーレンのエリック・ブーリエは、2021年以降のF1技術規則には、平等な戦いが繰り広げられるよう”十分な制限”が必要だと語った。

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、2021年以降に適用される予定の新しいF1技術規則について、平等な戦いが繰り広げられるように十分な制限をしていくべきだと考えているようだ。

 2018シーズンの開幕戦オーストラリアGPでは、予選Q1の最速チーム(メルセデス)と最も遅かったチーム(ザウバー)との差は1.732秒だった。この差は、”パワーユニット時代”が幕を開けた2014年以来最も小さかった。

 しかし一方で、予選Q3では予選5番手のダニエル・リカルド(レッドブル)が6番手のケビン・マグヌッセン(ハース)に1.035秒差をつけている。また、先頭グループ内のギャップも広がっており、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が後続に0.6秒以上の差をつけてポールポジションを獲得している。

 今シーズンは接戦になるのではないかという期待を、早くも裏切るようなハミルトンのポールポジションラップを振り返ったブーリエは次のように語った。

「それが現状だ。数年前に作られたレギュレーションの結果があれなんだ」

「パフォーマンス開発において、一種の停滞期に我々みんなが到達しない限り、それは同じだろう」

「メルセデスはパワーユニット時代の初めから非常に競争力のあるエンジンとマシンを設計しており、彼らを捉えるのは非常に難しいようだ」

「(F1オーナー)リバティ・メディアとFIAは、2021年から新しいレギュレーションパッケージを導入するべきだと私は思う。そしてギャップを埋めるため、あるいは競争力を平等にするために十分な制限が行われることを願っている」

 昨年、F1の新たなオーナーとなったリバティ・メディアは、今週末に開催されるバーレーンGPで2021年以降に導入される新しいレギュレーションについて、チームとエンジンメーカーに最新の計画を提示する予定だ。

 チーム間のギャップを減らすことは、F1の将来のためにリバティが目標のひとつに掲げている。そのため、予算制限や標準パーツの導入といった対策が導入される可能性がある。

「我々みんな、素晴らしいショーを行いたいと思っている。ホイールをぶつけ合うような、マシン同士のバトルをコース上で見たいんだ。それこそが、ファンが望んでいるものだ」とブーリエは話した。

「そのために、トップのチームと最も遅いチームの競争力がもっと近くなる必要がある」

 F1の将来に関するブーリエの期待に、ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーも同意している。彼は、中団チームはチャンピオンシップを争っているわけではないということを嘆いている。

「レギュレーションとF1の将来は、平等な戦いができるような、またはできる限り接戦になるようなものでなくてはならない」とシュタイナーは述べた。

「現時点では、大きなギャップがある。そのため、チャンピオンシップを争っているのはトップ3チームだけで、中団チームはその残りを争っている状態だ」

「彼らはお金を稼ぐために良い仕事をし、そのためにお金を費やし投資を行う。我々にはできないことだ。それも競争の一部ではあるが、F1にとって良いことなのだろうか? 私はそうは思わない」

Additional reporting by Adam Cooper and Scott Mitchell

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース