サインツJr.「ルノーの今季マシンは、コーナー進入時に自信を持てず」

シェア
コメント
サインツJr.「ルノーの今季マシンは、コーナー進入時に自信を持てず」
執筆:
2018/04/28 4:23

カルロス・サインツJr.は、ルノーの今季用マシンR.S.18は、コーナー進入時の安定性を高める必要があると指摘する。

 ルノーのカルロス・サインツJr.は、開幕戦オーストラリアGPで10位に入賞。まずますのシーズンスタートを切った。しかし、第2戦バーレーンと第3戦中国では、チームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグの前に遅れを取っている状況だ。

 アゼルバイジャンGPを前に取材に応じたサインツJr.はmotorsport.comに対し、コーナー進入時にどのくらいスピードを失っているのかが主な問題だと語った。

「コーナーの進入時に、マシンに自信を持つことができないんだ。それは改善が必要な部分だし、エンストン(ルノーのファクトリー)で取り組んでいるものだ」

 そうサインツJr.は語った。

「僕らはミーティングを行い、改善し続けていくための開発をしている。おそらくオーストラリアは、僕に取ってシーズン中最も良い場所だったかもしれない。中国っも悪くなかった」

 ターンイン時のマシンの不安定さについて、サインツJr.は次のように語った。

「開幕3戦で、マシンにはそういう傾向が見えた。バルセロナでもそういうのを見た」

「オーストラリアは僕に取って非常に良いベースになった。でもそれ以降、オーストラリアと同じようなフィーリングを取り戻すことができなかった」

「それは僕らが注目しているところだ。懸命な働きを続けていけば、うまくいけば取り戻すことができるだろう」

次の記事
クラッシュ喫したフェルスタッペン、FP2では”センサー故障”問題も

前の記事

クラッシュ喫したフェルスタッペン、FP2では”センサー故障”問題も

次の記事

メルセデス、PU予選モードの使用時間を延長。全3チーム同時に許可

メルセデス、PU予選モードの使用時間を延長。全3チーム同時に許可
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む