サインツJr.「ヒュルケンベルグの予選での”トリック”を探している」

カルロス・サインツJr.は、チームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグの予選での速さの原因を探っているところだと語る。

 ルノーのカルロス・サインツJr.は、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグは予選で見せる”小さなトリック”を学んでいる最中だと語る。

 ヒュルケンベルグは今季のF1開幕3戦を7位、6位、6位という好成績で終えた。一方、チームメイトのサインツJr.は10位、11位、9位という成績である。サインツJr.の成績も、トップ3チームが抜けている現状を考えれば上等と言って差し支えないだろう。しかし、ヒュルケンベルグと比較すれば、差をつけられていると言わざるをえない。

 しかも予選順位を見てみると、全3レースでヒュルケンベルグがサインツJr.の成績を上回っている。

「確かに、ニコは予選でとても速いんだ」

 サインツJr.はそう語る。

「彼はこれまでもずっとそうだったと思う。そしておそらく、このクルマではさらにその傾向が強まっている。彼はこのクルマをよく理解しているんだ」

「僕が昨年このチームに加わった時から、それを見ることができた。彼は予選でマシンをとても速く走らせるための、小さな”トリック”を持っている。僕はまだそれを探しているところだ」

「メルボルンのQ2では、僕は彼よりも0.5秒速かったんだ。でも他の2レースでは、僕は少し遅れていた。だから、心配することはないと思う」

 またサインツJr.は、ヒュルケンベルグがより速くなると考えていると語る。

「彼はこのクルマを1年経験している。それが、彼が今のポジションにたどり着くのを助けている。そして昨年のレースは、クルマが変化にどのように反応したか、そしてドライビングスタイルをどうするかなどを理解する上で、力になっている」

「彼はまことに速い男だし、その上経験も豊富ときている。彼がコースを走っている時、そしてマシンに乗っている時を見れば、それがよく分かる」

「僕はまだF1に来て4年目だが、同時に多くのことをマシンから学んでいる。そして、少しずつ追いついている」

「今年は21戦ある。そしてそのうち3レースが終わっただけだ。そのうち1戦では、僕の方が速かった。だから心配それほどしていない」

 サインツJr.はバーレーンでは苦しんだことは認めつつも、順位ほどは悪くなかったと主張する。そしてその後の中国GPで一歩前進することができたと語った。

「僕は中国で、バーレーンの時よりもニコに近づけているように感じた」

「オーストラリアでは速いクルマになっていたと思う。でも、正直に言ってバーレーンではかなり遅かった。僕らはその理由を理解しようとしている。連戦というスケジュールの中でそれは難しかった」

「中国では、予選ではわずか数分の1秒の差だったが、決勝では少し遅れが拡大してしまった」

「でも、僕はとても満足している。パフォーマンスを引き出すためのドライブについて、僕はまだ学習しているところだし、マシンにはまだ100%満足できていない。しかし、そういうことも少しずつ得ることができるだろう」

 ルノーの今季マシンR.S.18は、中国GPで確かに速さを発揮し、トップ3チームに次ぐ位置にあった。サインツJr.もこの事実に勇気付けられていると語るが、その一方でタイヤのデグラデーション(性能劣化)に懸念があることも認めている。

「特に予選では、僕らはとても良いと感じる。でも全てのレースで、タイヤのデグラデーションに苦しめられた。それは理解する必要があることだ。なぜなら僕らは、レースでは予選ほどの競争力がないからだ」

「中国では、セーフティカーがなければ、2台揃って入賞するのは難しかっただろう。なぜなら、大きなデグラデーションがあったからだ」

「予選では良いのに、決勝ではあまり良くない理由を調査し、改善を続ける必要がある」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. , ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース