アルファロメオとザウバー、関係を強化し、技術提携も密接に!?

ザウバーのバスール代表は、アルファロメオとの関係を今後技術面にも拡大し、チームの進歩に繋げていきたいと語った。

 ザウバーのフレデリック・バスール代表は、アルファロメオとの今後の展開について語った。

 今季から、ザウバーを支援する形でF1への復活を果たしたアルファロメオ。両者の契約は昨年12月に発表され、長年に渡ってコラボレーションを継続するとしている。

 ザウバーのチーム代表を務めるバスールは、当初両者の契約には技術的な側面は含まれていなかったものの、現在では優先事項になりつつあるとmotorsport.comに対して語った。

「我々は急いで事に当たったつもりはない。しかし、かなり早くまとまったと思う」

 バスールはそう語った。

「去年の7月の終わりから8月にかけて、(フェラーリとの)エンジンの供給契約に同意した。その後、アルファロメオについての議論を始め、12月の始めにそれを発表したのだ」

「信じていただきたいが、この動きはかなり早いだろう。我々は異なるプロジェクトを抱えている。そして今、我々はこのコラボレーションの様々な側面を調査しなければならない」

「アルファロメオとのコラボレーション拡大については、多くの可能性がある。そして、次の選択肢がどのように、そして何なのかを、段階的に見ていく。技術協力も、その選択肢の中のひとつだ」

 ザウバーとアルファロメオの契約は、ザウバーがフェラーリの最新パワーユニットを手に入れるという契約がなされた後、結ばれることになった。ザウバーは昨年まで、型落ちのフェラーリ製パワーユニットを使わざるを得なかったのだ。

 フェラーリのもうひとつのカスタマーチームであるハースは、より密な技術的提携契約をフェラーリと交わしている。その効果もあってか、同チームは開幕戦で非常に強力なパフォーマンスを発揮した。しかしバスールは、ハースと同じようなフェラーリとの関係性を望んでいるわけではないと語る。

「我々にとってフェラーリは、エンジンサプライヤーにすぎない。アルファロメオとの技術提携だ」

 そうバスールは語る。

「私はハースや、彼らのプロジェクトについて議論したいとは思わない。彼らは素晴らしい仕事をしている。しかし、我々には我々のプロジェクトがあるのだ」

「我々はアルファロメオとのことを明確にしなければならない。どのように成功できるか、どのようにチームを発展させることができるか……そして我々は、我々の道を行くのだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ザウバー
記事タイプ 速報ニュース