ホンダ、アメリカGPでさらなるアップグレード版PUを投入。戦略的判断

シェア
コメント
ホンダ、アメリカGPでさらなるアップグレード版PUを投入。戦略的判断
2018/10/20 1:32

ホンダは、アメリカGPに更なるアップグレードを施したパワーユニットを投入。残りのシーズンを最高の形で戦うための”戦略的判断”だと説明する。

 トロロッソ・ホンダは、アメリカGPにアップデートを施したパワーユニット(PU)を投入。2台揃ってグリッド降格ペナルティを受けることになった。

 ロシアGPの初日にアップグレード版PUを投入したホンダ。しかし、オシレーションというエンジン回転数が”暴れる”現象が見られたため、翌日以降の使用を断念した。しかしこの対策を施し、日本GPの全セッションでこのPUを使用。特に予選ではブレンドン・ハートレーが6位、ピエール・ガスリーが7位に入るなど、躍進と遂げた。

 そしてホンダは今週末のアメリカGPに、さらなるアップデートを施したPUを決めた。これについてホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、次のようにホンダのプレスリリースで発表している。

「今週末は両ドライバーともに新たなPUを投入します。ガスリー選手に関してはFP1からの使用、ハートレー選手には今日は以前使用済みのPUで走行し、明日から新たなPUを投入予定です」

 そう田辺テクニカルディレクターは説明する。

「新たなPUは、鈴鹿で使用したスペックに対して小さな変更を加えたものですが、これは鈴鹿の走行後に確認できたいくつかの懸念点に対して対策を施したものです。今回の交換はRed Bull Toro Rosso Hondaとして残りのシーズンをベストな形で戦うための戦略的なものと考えています」

 初日の2セッションは雨に見舞われたが、アップグレードが施されたPUを使ったガスリーがFP2で2番手に入るなど、その効果の”兆し”が見えたようにも思える。

 この金曜日の走行について、田辺テクニカルディレクターは次のように語る。

「今日は雨のため通常の金曜のメニューとは大きく異なる走行になりました。ただ、午前と比較するとP2では大きくバランスが改善され、全体としてはいい感触を得ています。明日の予報は今日よりは良いようですので、ドライコンディションで走行ができればと思っています」

 なおガスリーのマシンには、FP2からアップグレード版のエアロパッケージも投入されている。それも含め、現状のトロロッソ・ホンダの真価が確認できるのは土曜日ということになりそうだ。

次の記事
【動画】F1アメリカGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】F1アメリカGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

F1アメリカFP3速報:ベッテル最速で予選へ。ハミルトン3番手

F1アメリカFP3速報:ベッテル最速で予選へ。ハミルトン3番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース