テストでクビサ好走も、ウイリアムズ「ドライバー選択は間違ってない」

ウイリアムズは、プレシーズンテストの結果でチームのドライバー選択が間違っていたと考えるべきではないと主張した。

テストでクビサ好走も、ウイリアムズ「ドライバー選択は間違ってない」
Sergey Sirotkin, Robert Kubica, Williams on stage at the launch of the FW41
Robert Kubica, Williams
Robert Kubica, Williams FW41
Robert Kubica, Williams FW41
Sergey Sirotkin, Williams FW41
Lance Stroll, Williams FW41
Sergey Sirotkin, Williams FW41
Lance Stroll, Williams FW41
Robert Kubica, Williams FW41

 2回のプレシーズンテストにおいて、リザーブドライバーのロバート・クビサがレースドライバーのふたりを上回ったことを受けて、ウイリアムズF1の副チーム代表であるクレア・ウイリアムズは、テストの結果だけで2018年のドライバーラインアップが間違っていると判断すべきでないと警告した。

 昨年、ラリー事故からのF1復帰を目指していたクビサは、ランス・ストロールのチームメイトとして、シート争いの有力候補だった。しかし最終的にロシアのルーキー、セルゲイ・シロトキンがシートを獲得。クビサはリザーブ兼開発ドライバーとしてチームに加わった。

 クビサは、その役割の一環としてバルセロナで行われたプレシーズンテストに参加し、1回目のテスト2日目にシロトキンと、2回目のテスト3日目にストロールとマシンをシェアした。

 クビサは走行に参加したそれぞれの日に、シロトキンに対して0.3秒、ストロールには0.6秒の差をつけレギュラードライバーのタイムを上回ってみせた。テスト最終日にも走行が予定されていた彼は、チームの利益を考え、ストロールにドライブを譲っている。

 2018年のドライバー選択について、バルセロナでのラップタイムを見てどう思うかと尋ねると、クレア・ウイリアムズは次のように答えた。

「天候のせいもあり、とてもチャレンジングなテストスケジュールになったと言えます」

「完璧な状況で軟らかいタイヤを履いて走行できたドライバーもいれば、そういった機会がなかったドライバーもいるかもしれません。なぜなら、天候はあまり良くなかったですし、必ずしも最適な方向のセットアップを選択できていたわけではないからです」

「ですから、公平に判断することができるとは思えません」

 チームは、昨年11月にアブダビで行われたタイヤテストでクビサとシロトキンを比較した。ウイリアムズはドライバーラインアップを考える上で、これまでで最も徹底的な評価を行ったという。その結果、可能な限りベストな選択肢として、シロトキンがレースドライバーに選ばれている。

「タイムシートを見れば、”ああ、メルセデスがトップにいる”と考えるのは、おそらく正しいことでしょう」

 そうウイリアムズは付け加えた。

「しかし、テストセッションを通してひとつのチーム内のドライバーを比較しようとしても、エンジニアがどんなプログラムを行っているかは実際には分かりません。その時の天候も考慮しなければいけませんし、どのタイミングでタイムを出したかも考える必要があります」

「チームの外から『リザーブドライバーの方が速いタイムを記録したから、ウイリアムズは間違った判断をしたのではないか?』と言うのは難しいことだと思います」

「そして私は、それが的を得ているとは思いません」

シェア
コメント
ホンダ山本MS部長「コースでの結果を見て欲しい。それがホンダの全て」

前の記事

ホンダ山本MS部長「コースでの結果を見て欲しい。それがホンダの全て」

次の記事

DAZNのF1オーストラリアGP配信スケジュール確定。今年も全セッション生配信

DAZNのF1オーストラリアGP配信スケジュール確定。今年も全セッション生配信
コメントを読み込む