トロロッソ代表「我々は小規模で良い。多すぎるスタッフは無駄だ」

27,129 見る

トロロッソのフランツ・トスト代表は、今後のチームの規模について語ると共に、レッドブルとホンダの関係性についても説明した。

 今季からホンダ製のパワーユニット(PU)を使うトロロッソ。その最初のテストは至極順調であり、全10チーム中最多となる周回数をこなした。

 トロロッソは現在参戦チームの中でも、小規模と言っても良いチームである。そのトロロッソが、新たなパートナーであるホンダとのプロジェクトを円滑に進めていくためには、規模を拡大していかなければならないと、同チーム代表であるフランツ・トストは語った。

「ホンダが我々に、何かを求めることはなかった」

 チーム規模の拡大について尋ねられたトストは、motorsport.comに対してそう語った。

「もちろん、我々にはより厳しい計画がある。必然的にもっと多くの人材を確保しなければならない。しかし、それは問題ない」

 その人材確保のスピードは飛躍的なモノになるのか? そう尋ねられたトストは、次のように答えた。

「いや、そうではない。我々にはそれほど雇う余裕はない。単純にお金の問題だ。しかし、追加で用意しなければならなくなったギヤボックスなどの可能性を引き出すために必要だった」

「トロロッソのような小規模のチームには、すべての仕事に専業のスタッフがいるわけではない。たくさんのことに気を配るスタッフが必要なだけだ。我々には多くのスタッフを雇うだけの余裕はない。それは不可能なことだ。トロロッソのようなF1チームでは、シャシーを作るために300人以上のスタッフを抱えるべきではない」

 そうトスト代表は説明する。

「それで十分だ。もっと多くの人を抱えることもできるかもしれない、しかし、300人というのは小規模だが、すべてを監督することができるし、コントロールすることもできる。マネージャーや副マネージャー、そしてコーディネーター……などを必要とする複雑な構造を必要としない。それをすれば、最終的には管理部門だけで数百人の人が必要だということになってしまう。私の意見では、それは必要ないと思う。もちろん、他の意見があることも存じ上げているよ」

 今季トロロッソがホンダ製PUを使うのは、来季からレッドブルがホンダPUに変更するのか、それともルノーPUを継続使用するのか、その試金石になると言われている。しかしトストは、この考えを否定した。

「いや、彼らはルノー製のパワーユニットを持っている。彼らは、彼らのルノーPUとのプロジェクトを進めている。そして、来年のホンダのプロジェクトの開発やプロセスには、レッドブルは関与していない」

Interview with Oleg Karpov

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース