F1、2019年の空力規則の微調整に合意。オーバーテイクを促進へ

シェア
コメント
F1、2019年の空力規則の微調整に合意。オーバーテイクを促進へ
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/05/01 10:59

F1コミッションはいくつかのチームの反対があったにもかかわらず、オーバーテイクを促進するために2019年の空力レギュレーション変更に合意した。

Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 W09 EQ Power+ and marshal
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14 and Max Verstappen, Red Bull Racing RB14 battle
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H and Sergio Perez, Force India VJM11
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Marcus Ericsson, Sauber C37 Ferrari, Pierre Gasly, Toro Rosso STR13 Honda
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Brendon Hartley, Toro Rosso STR13 Honda, Max Verstappen, Red Bull Racing RB14 Tag Heuer, and Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14 Tag Heuer

 4月30日、FIA会長や各チーム代表、エンジンメーカー代表、タイヤサプライヤー代表などによって構成されるF1コミッションは、オーバーテイクを促進するための2019年の空力レギュレーションの変更について投票を行った。いくつかのチームから反対はあったものの、この変更が可決されている。

 今回提案された変更の内容は、フロントウイングのエンドプレートを前を走るマシンに追従しやすいように変更することに加え、リヤウイングのフラップを大きくすることでDRSの効果をより大きくするというものだ。一方で、バージボードに関連する部分の提案については合意が得られていない。

 来シーズンの技術規則を変更する上では、5月1日がひとつの区切りとなる。5月以降レギュレーションに変更を加える場合は、全会一致の賛成が求められるからだ。

 現在のF1コミッションのルールの下では、FIAやF1、スポンサーやプロモーターの代表者が提案に賛同している場合、現在参戦している10チームのうち、最低4チームの賛同が得られれば提案が可決されることになっている。

 バクーでは、いくつかのチーム代表者が投票を行うのに十分な支持がないと主張していた。この提案に、公に賛成を示していたのがウイリアムズだけだったからだ。

 未確認情報ではあるが、投票では6チームが提案に対して反対票を投じたという。関係者の話では、反対を表明したのはフェラーリやレッドブル、ルノー、マクラーレン、トロロッソ、ハースの6チームで、ウイリアムズの他にメルセデスやフォースインディア、ザウバーが賛成をしたとのことだ。

 F1コミッションでの投票結果は、FIA世界モータースポーツ評議会で承認を得てから、2019年のルールに採り入れられる。通常、モータースポーツ評議会での承認は形式的なものである。

 しかし、フェラーリが技術規則の変更を阻止するため、拒否権を発動するかどうかは不明な状態だ。もし拒否権を発動した場合、フェラーリは今回の変更がオーバーテイクの促進という目的に合ったものではないということを証明しなければならないだろう。

 ウイングの変更は、オーバーテイクが極端に少なかった今季の開幕戦オーストラリアGPを受けて、FIAとF1オーナーであるリバティ・メディアが検討、提案したものだ。

 それらの内容は、2021年のパッケージについて、F1チームのエンジニアたちが実施していた研究の一部を引用している。

 その後、4月30日に迫る規制変更の”締め切り”までに変更を決定するため、チーム自らが追加のCFD(数値流体力学)リサーチを実施し、その結果をFIAに提出することが合意された。

 その結果を含む完全な報告書は、金曜日にチームに送られ、今回の投票に関する根拠とされた。

 ウイリアムズの最高技術責任者であるパディ・ロウは、最も声高に今回の変更を支持している。

「私は、すべてが理に適っていると思う」と、ロウはmotorsport.comに語った。

「あと3年間、現在のレギュレーションは維持される。もしこの段階で何らかの変更が行われなければ、対策を施す意義が減ってしまう。2021年には大きな変更が予定されているからだ。だから、まさに今が、ショーを改善するために行動を起こすべき時なのだ」

 変更に反対しているチームは、断片的に変更を行うのではなく、2021年まで待ってから全体的に改善を目指すべきだとしている。

「私の意見では、今後2年間(変更を施さなくても)F1は十分良いと思う」

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、そうmotorsport.comに話した。

「レギュレーションをこね回すことで、わずかに改善することはできるだろう。我々もショーを改善するための提案はするだろうが、2021年に抜本的な改善をするというメインの課題から目をそらしてはいけない」

「適切なことをするべきだ。それは2021年に、マシン全体やF1自体の構成、予算制限などの改善をすることだ。当面、我々は良い結果を出せるはずなのだ」

 アビテブールと同じく、変更の反対派であるとみられるレッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーは「合意に達すれば驚くだろう」と語った。

「それらは2021年の概略に含まれているが、それはあくまで(今のF1とは)隔離されたものだ」

「有害な結果を招くだろう。だから、今は物事をそのままにしておき、2021年にすべての考えを取り入れた完璧なパッケージを作るべきだ」

次の F1 ニュース

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース