FIA、コックピット保護デバイス”ハロ”にサイドミラー取り付けを容認へ

FIAは、関連するすべてのレギュレーションを遵守している限り、今後ハロにサイドミラーを取り付けることを許可すると明かした。

 FIAは、関連するすべてのレギュレーションを遵守していれば、コックピット保護デバイスである”ハロ”にサイドミラーを取り付けることを許可するようだ。

 サイドミラーは、今年のF1における議論の的のひとつだ。ドライバーの中には、現行レギュレーションのリヤウイングや、フェラーリのように空力的なメリットを求めてこれまで以上に攻めたデザインがミラーに要求されていることで、マシンの背後を見るのがさらに難しくなってきたと主張している者もいる。

 いくつかのチームは現在、さらなる空力的なメリットを求めて、ハロにミラーをマウントすることを考えているようだ。

 この件に関しての問い合わせを受け、FIAのシングルシーター部門技術代表のニコラス・トンバジスは、FIAとしての立場を明確にし、チームにGOサインを出した。

Ferrari SF71-H Conceptual Halo mirror mounting detail
ハロにマウントされたサイドミラーの想像図

Photo by: Matthew Somerfield

 しかし、ミラーに関する現行のレギュレーションすべてを遵守している必要がある。ミラーの反射面は最低でも幅150mm、高さ50mmを維持し、ミラーを配置する空間についても細かい規定がある。

 また、FIAによる後方視界テストをクリアする必要がある。ドライバーはコクピットに座り、車両後方の文字や数字を識別することができるかをテストされるのだ。

 さらにハロにミラーを搭載する場合、ハロの構造体を覆うパーツはハロの種構造から20mm以内に収まっていなければならないという規則にも従わなければならない。つまり、その範囲内でミラーをしっかりと固定する必要があるのだ。

 FIAによる技術指令では、ミラーのマウントが安全であることを証明する責任はチームにあるとしている。

「ドライバーの視界を制限することがないよう、ミラーが振動しないようにマウントが十分に堅牢だと証明できるよう、我々は期待している」と技術指令には記された。

 さらに、ミラーをシャシーとハロの両方にマウントすることはできない。そうした場合、ハロを取り外すことが困難になるからだ。

 また、ハロにミラーをマウントした場合、ミラーにカメラを搭載することはできないとFIAは指摘。FOM(F1の運営・放映権を管理する団体)からカメラを搭載するよう要求された場合、問題が起きる可能性があると予想した。

「ハロやフェアリング内部を通るケーブルやコネクタのようなものは受け入れられない。したがって技術規則図6に記されているように、まれにミラーにカメラを取り付けるよう要求された場合、そのチームはシャシーまたはサイドポッドにミラーを戻さなければならないだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース