アロンソ、2年ぶりのモナコに挑む「パフォーマンスは”一か八か”」

シェア
コメント
アロンソ、2年ぶりのモナコに挑む「パフォーマンスは”一か八か”」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/05/22 3:27

フェルナンド・アロンソは、モナコGPでのパフォーマンスは”サイコロを振る”かのように平等だと語った。

Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren, arrives on the grid
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33, Esteban Ocon, Force India VJM11
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren, on the grid

 2年ぶりのモナコGPに挑むマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、モナコでのパフォーマンスは”サイコロを振る”かのように平等なものだと語った。

 モナコで2度の優勝経験を持つアロンソは、現在ドライバーズランキングにおいてメルセデス、フェラーリ、レッドブルのドライバーに次ぐ7位につけている。

 今シーズンはここまで苦戦の続いているマクラーレンだが、アロンソは”マクラーレンのパッケージの限界”をわかってはいるものの、モナコGPは大きな結果を残すチャンスだったと話した。

 また彼は、前戦スペインGPのスタート直後にロマン・グロージャン(ハース)がクラッシュしたことについて、あのクラッシュは当然のことだとは思っていないと話した。

「モナコはあまり標準的ではないトラックのひとつだ。まるでサイコロを投げるかのような、”一か八か”だ」

「スペインGPの時のように、たとえ予選が良かったとしても、周囲の状況を変えてしまう可能性のある出来事の犠牲者にならないというわけではない」

「だから土曜日は全てのものを最大限に活用し、日曜日には可能な限り多くのポイントを獲得するために必死に戦わなければならない」

 アロンソは昨年、インディ500に出場するためにモナコGPを欠場した。今年はモナコGPに出場するが、それについては”本当に楽しみにしていた”と語った。

「もちろんインディ500も大好きだ。でもモナコも、レースをするには本当に特別な場所だ」

「1年の中でも、最も技術的な能力が試されるサーキットだ。というのも、78周を走るのに必要な技術レベルと集中力もそうだし、トラフィック、戦略、天候など全てのことが自分に降りかかる」

 またマクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、モナコGPについて次のように話した。

「このトラックは、他のサーキット以上のことができるか、あるいはそれができないかに分かれる」

「ストフェル(バンドーン)のチームメイトとしてフェルナンドがコックピットに戻ってくるというのは素晴らしいことだ。アップデートしたパッケージでもって我々がどれくらいやれるのか楽しみだ」

「モナコでは信頼性がカギになるというのは言うまでもない。かなりの量のドラマがありそうではあるが、2台揃ってレースを終えることが最初のステップだ」

次の記事
ホンダMotoGPのマルケス&ペドロサ、レッドブルのテストでF1初体験?

前の記事

ホンダMotoGPのマルケス&ペドロサ、レッドブルのテストでF1初体験?

次の記事

オコン、モナコでのPU交換はなし。メルセデスPUの信頼性を証明?

オコン、モナコでのPU交換はなし。メルセデスPUの信頼性を証明?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース