F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
14 days

ピレリ、次戦バクーのタイヤ選択発表。フェラーリが最も攻撃的

シェア
コメント
ピレリ、次戦バクーのタイヤ選択発表。フェラーリが最も攻撃的
執筆:
2018/04/18 6:50

ピレリは、F1第4戦アゼルバイジャンGPへ持ち込む各チームのタイヤ選択を発表した。

 ピレリは、今月末に行われるF1第4戦アゼルバイジャンGPへ持ち込む各チームのタイヤ選択を発表した。

 ウルトラソフトタイヤの選択については、フェラーリ、ザウバー、マクラーレンのストフェル・バンドーンが10セットと最多である。メルセデス、フォースインディア、ハース、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が9セットで、マクラーレンは2台で選択を分けたようだ。ウイリアムズとトロロッソは8セット、そしてルノーが最も少ない7セットとなっている。

 トップ3チームのソフトタイヤ選択は、キミ・ライコネン(フェラーリ)のみ1セットとなっており、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が2セット、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とレッドブル2人が3セットだ。

 なおソフトタイヤを最も多く持ち込んでいるのはルノーの2人と、昨年バクーで初表彰台を獲得したランス・ストロール(ウイリアムズ)で、彼ら3人は4セットを持ち込む予定だ。

 昨年は6月末に開催されたアゼルバイジャンGPだが、今年は4月末に日程が変更されている。これにより、過去2シーズンの開催時(2016年は『ヨーロッパGP』の名称で開催)よりも涼しいコンディションになると予想されており、ピレリやチームにとってもレースは未知の状態だ。

 ピレリの代表を務めるマリオ・イゾラは、「バクーは通常とは異なる」と話した。

「なぜならここはストリートサーキットであるからだ。しかも、高速で走るストレートがある」

「非常に高速のセクターがある。それに、日向のセクターや日陰のセクターもある。昨年は6月に開催されたが、(今年は4月なので)明らかに状況が変わるだろう」

 またイゾラは、バクーに持ち込む軟らかいコンパウンドのタイヤは、中国GPよりも長持ちすると予想している。

「バクーにウルトラソフトタイヤを持ち込むことは、上海ほどアグレッシブな選択ではない。タイヤへの負荷、路面の荒さも上海の方があった。コンパウンド間のデルタ(ラップタイム差)は0.5秒以内だと考えている」

F1第4戦アゼルバイジャンGP タイヤリスト

Selected sets per driver
Selected sets per driver

Photo by: Pirelli

次の記事
リカルドのレッドブル残留は?「もっと優勝できれば魅力的」と語る

前の記事

リカルドのレッドブル残留は?「もっと優勝できれば魅力的」と語る

次の記事

ピレリ、持ち込んだ全種類のタイヤを駆使して優勝したリカルドに満足

ピレリ、持ち込んだ全種類のタイヤを駆使して優勝したリカルドに満足
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アゼルバイジャンGP
ロケーション Baku City Circuit
執筆者 Adam Cooper